就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

会社側からの引き留め工作にあって、「ブラック企業を辞められない」と悩む人もいますが、法律上のルールに則って、辞めることは可能です。特に女性は出産や育児というライフイベントの前に、ブラック企業から転職しておくことが望ましいですよね。

そこで、ブラック企業から優良企業へ転職するためのポイントをまとめてみました。

ブラック企業は辞められない!?

uzuz_shutterstock_295640363
ブラック企業で働く女性の中には、「辞められない」と話す人もいます。しかし、法律上労働者側から「辞める」ことはできます。

正社員は2週間から1ヶ月で辞められる

正社員など「期限の定めのない雇用契約」を結んでいる人の場合、民法627条で「辞める」と会社側に伝えた日から2週間で、退職できることが規定されています。

しかし、就業規則で退職の申し入れから退職日までを1ヶ月ないし、2ヶ月と定めていることがあります。これについては法律の判断が分かれており、退職まで1か月までの期間を定めた就業規則は、合理性があるとする考え方もあるので注意が必要です。

就業規則に特段の取り決めがない場合は、2週間でも退職できますが、引き継ぎなどの点も考慮して、1ヶ月前までに申し入れることが、円満退職とするためには望ましいです。

契約社員やアルバイトも正当な理由があれば辞められる

ブラック企業で働く女性の中には、契約社員やアルバイトとして働く人も少なくありません。「契約社員は、契約期間中は辞められないのでは?」と考えがちです。

契約社員やアルバイトなど「期限の定めがある雇用契約」で働くケースでは、民法628条で「やむを得ない事由」があった場合はすぐに退職することが認められています。

ここでいう「やむを得ない事由」とは、病気はもとより、パワハラや就業環境によるものも含まれます。ブラック企業で上司のパワハラや長時間労働をせざるを得ない労働環境に置かれている場合は、退職理由となるのです。

また、契約期間が1年を超える場合には、専門的な知識を持つ人や60歳以上の人を除いて、いつでも退職することができます。

「辞められる」ことを前提に行動を

uzuz_shutterstock_255732652
法律で守られているように、会社は辞めることができないものではありませんので、会社側の対応で「辞められない」ことはありません。

しかし、慢性的な人不足に悩むブラック企業では、引き留め工作にあうことが少なくありません。

退職願いを出しても何度も上司に呼び出されて引き留められることや、悪質なケースでは、「辞めたら損害賠償請求をする」と脅されることもあるようです。法律上の規定を守って退職した場合には、損害賠償請求は認められるものではありません。

特に、断ることが苦手な人は、自分の意に反して長く働いてしまいがちですので、勇気をもって毅然とした態度で接しましょう。

ライフプランを考えて優良企業に転職しよう

uzuz_shutterstock_323658974
育児は夫婦で協力して行うことができますが、出産は女性にだけしかできないものです。女性が働いていくうえでは、出産や育児というライフイベントに直面します。

産休や育休、短時間勤務制度は法律で認められた制度ですが、ブラック企業と呼ばれるような会社で、実際に産休や育休を取得して働き続けることには、並々ならぬ労力を要することが想定されます。

また、小さな子どもは病気になりやすいですので、子供の病気を理由に仕事を休んだり、早退したりする必要に迫られますが、周囲の理解を得にくいでしょう。

子育てをしながらブラック企業で働くと、心身ともに厳しい状況に置かれることが想定されます。しかし、小さな子供を抱えて転職活動をすることは不利です。

まだ若いから先のことと捉えずに、結婚や出産というライフイベントにさしかかる前に、ブラック企業から転職をできるようにライフプランをしっかりと考えましょう。

「時間がない」は人材紹介会社の利用でクリア

uzuz_shutterstock_317271281
転職活動では応募する企業を探して、履歴書や職務経歴書などの応募書類を用意して送付し、書類選考を通過したら面接日を調整して、やっと面接の段階に至ります。

ブラック企業で長時間労働をしながら、さらに転職活動をする余裕がなく、そのまま働き続ける人もみられます。

特に一人暮らしの女性で、低賃金で働いているケースでは貯金がままならないため、収入が途絶える期間があると生活に困ることから、「辞めてから探す」という選択肢がとりにくいです。

そこでおすすめしたいのが、人材紹介会社を利用する方法です。人材紹介会社に登録すると、希望条件やスキルに応じて求人案件の紹介を受けられます。

面接を深夜に設定はさすがに難しいことが多いですが、面接日の調整をはじめ、応募書類の送付や年収交渉、入社日の調整は人材紹介会社のキャリアカウンセラーが担当します。

人材紹介会社を利用することで、転職で掛かる手間を大幅に減らすことができますので、ブラック企業で働きながらでも、転職を果たしやすくなるのです。

ブラック企業から優良企業へ転職しよう

uzuz_shutterstock_390162685
ブラック企業からの転職でまたブラック企業で働く事態に陥らないためには、志望する企業を見極めて優良企業をみつけることが大切です。

成長期にある企業を除いては、頻繁に求人を出している企業は、ブラック企業である可能性が高いです。また、求人情報の年収が300万円から700万円といったように幅広いケーやス、年収に占める能力給の割合が高いケースもブラック企業に多くみられます。

ブラック企業を「3年後離職率」や「平均勤続年数」、「平均年齢」などの指標を使って、見分ける方法もあります。『第二新卒の転職を成功に導く!優良企業を見極めるポイントは?』で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

人材紹介会社を利用することには、「雇用条件を明確にできる」、「残業や休日出勤などの労働環境を確認できる」というメリットもあります。

まとめ

「石の上にも3年」ということばがありますが、ブラック企業で無理に働き続けて、心や身体を壊してしまっては元も子もありません。特に女性は過労やストレスによって、ホルモンバランスを崩して、心身の不調が現れやすいですので、身体が悲鳴を上げる前に、一歩踏み出してみましょう。

UZUZでも、ブラック企業からの転職のサポートを行っていますので、お気軽にご相談くさいね。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ウズキャリ編集部
ウズキャリ編集部

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。