第二新卒・既卒の内定者の声

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

Kさんのプロフィール

今回ご紹介する内定者はKさん(22歳・男性)

千葉県出身です。高校卒業後は都内の私立大学に進学されました。大学卒業後は、不動産会社会社に営業職として新卒で入社しましたが、わずか1ヶ月で退職してしまいました。

Kさんのように新卒で1ヶ月退職となると、就職活動においてかなり不利になります。そんなKさんが内定獲得するまでの経緯を説明します。

新卒時の就職活動はやってなかったの?

Kさんは新卒時に就職活動をほとんど行っていませんでした。

理由としては、4年生になっても単位が多く残っており、ほぼ毎日授業に出席する必要があったためです。就職活動より「まずは卒業することに集中しよう」と授業を優先したそうです。

卒業目前になり、「このまま内定がないまま卒業するのはヤバイ!」と就職活動をされ、内定をもらえた会社に飛び込んだそうです。その会社が不動産会社でした。

早期退職の理由

uzuz_shutterstock_162839450
長期的に働いてくことが難しいと判断されたためです。研修もなく、残業も多く、先輩社員の離職率も高い環境でした。不動産業界に就職されて短期間で離職される方はとても多いです。詳しくは以下の記事を読んで頂ければと思います。

既卒のための業界解説|不動産業界がブラックと呼ばれるのは、その営業スタイルに原因がある!

就職活動の軸

  • 専門性を高めていけて、安定して長期的に働いていける。
  • 今後何年にも渡って必要とされる職業である。
  • 研修制度が充実している。

この3点にしました。

面談をした結果、すでにインフラエンジニアの選考を受けられていたこともあり、インフラエンジニアとして就職活動を進めていくことになりました。

インフラエンジニアの詳細は下記を参考にしてください。

未経験からネットワークエンジニアに就職するための方法とは

インフラエンジニアの業務内容

インフラエンジニアの関連資格

内定を得た企業

入社後に2ヶ月間の自社の研修施設で研修があります。会社の規模も大きく福利厚生が充実しているため、安定して働いていくことができます。また資格手当も充実しており、150種類以上の資格手当が支給されます。

株式会社VSN

VSN社員インタビュー|未経験ITエンジニアが目指す、理想のプロフェッショナル像

25歳で2社短期離職経験……不利な状況からの逆転就職劇!

担当から一言

内定をとった連絡をしたときに泣いていたのが印象的です!最後まで諦めずに頑張った結果ですね。無事第一志望の会社から内定が獲得できてよかったです。

これからは資格をとりまくって、スーパーエンジニアになってくださいね!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Takashi Kawahara
Takashi Kawahara

大阪府出身の元第二新卒。関西大学卒業後、東京のベンチャー企業に就職するも1ヶ月半で退職。フリーターを経て大手人材サービス会社に入社し、求人広告の営業マンとして働く。その後、縁あってUZUZに入社。現在は、既卒・第二新卒を対象としたキャリアカウンセリングを主に担当。