第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

学生生活を終えて、社会人生活に突入。初めての社会人生活に慣れもひと段落して、見えてくる現状の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

「今の仕事、自分には合わないかも」「この仕事がやりたいのに、今の会社ではやれる展望が見えない」「入社したらブラック企業だった」など、様々な理由で転職を決意する人も少なくない時期。

今回は、女性の転職活動と仕事の両立をテーマに、行動する際のコツや情報収集のコツ、転職活動にオススメのサイトをご紹介します。

職場に迷惑をかけない程度にマイルールを作る

uzuz_shutterstock_354121466
いざ、転職したいと心に決めたところで、日常的に仕事に追われることも多い20代。

しかし、転職をすると決めた以上は、情報収集をする時間と実際に活動をする時間の2つを捻出する必要があります。転職活動は、同じ職場の人にバレないように活動するのが鉄則。

もし、会社にバレたら上司との関係が悪くなる可能性や、同僚からの陰口などといった噂、何より仕事が見つからなかった時は立場がなくなるかもしれない…など、心労を上げたらキリがありません。

ここで、転職活動を成功に導くための、日ごろの自分の態度や行いを見直してみましょう。

1.ノー残業DAYの曜日を自分で決める

今の会社にはそのような制度がない!…のではなく、自分で作ってしまうのです。

20代は仕事のコントロールがうまくできないことも多いのかもしれないのですが、例えば、毎週水曜日をノー残業DAYと自分で定めたのならば、前日の火曜日は水曜日の仕事がなくなるぐらい仕事をしておく。つまり、水曜日に早く帰れる準備を前日にしておくのです。

当日は、先の仕事をするなど、納期の前倒しを自分の中でしておくのも良いでしょう。

面接する企業側は土日に対応をしてくれません。そうすることで、面接する時間が出来るどころか、日常業務においても、少なからず余裕ができるはず。何としても自分でコントロールできる曜日を作っておきましょう。

女性ならではの習い事を平日に入れてみて、例えば周囲に「毎週何曜日は○○さんはヨガをやっているから早く帰る」と認識させておくのも良いかもしれません。

また、少し面接を先送りし、あらかじめ有給の計画を立てておくのもお勧め。出来るだけ計画的に行動しましょう。

2.むやみに面接する会社数を増やさない

書類選考であれば、直接面接に行くわけではないので、ある意味何時でも対応はできますが、面接となると曜日や時間が限られてしまうもの。「とりあえず、書類選考に通ったから…」という理由でなんでも行ってしまうとそれだけ数が多くなり、移動時間も面接を捻出する時間も確保することが難しくなります。

在職中の転職活動の最大のメリットは、金銭的不安や無職期間といったブランクがないこと。これを最大限に生かして、面接まで進むと決めた会社は自分が対応できる数に留めましょう。対応できないと、面接先企業からの印象も悪くなり、何も良いことにつながりません。 

3.情報収集をする時間の使い方

在職中の転職活動は、まさに隠密行動そのもの。誰の目にもつかないようにするためには、移動中といった通勤時間や1人のランチタイム時などの隙間時間をフル活用しましょう。

ちょっとした休憩時間にトイレなどでみるのもいいかもしれません。ただし、同じ職場の人には見られないようにくれぐれも気を付けましょう。

企業サイト・転職サイトを利用しよう

uzuz_shutterstock_389366395
在職中の転職活動には、情報収集を兼ねて転職サイトの活用や企業の採用ページをフル活用していきましょう。

転職サイトはいわゆる、求人を出している多くの会社の情報が一度に検索ができるまとめサイトのようなもの。在職中で時間が十分にあるわけではない人にとって、重要なツールです。

転職サイトには、全体的な求人のトレンド、そしてどんな求人があるのか、求人の数、雇用形態、仕事内容、年収、会社規模などが一目で見て分かるようになっています。自分が知らない会社も数多く目にすることになると思いますが、ここで、自分が気になった仕事内容や会社はメモするなりしてしっかり覚えておくことが大切。

転職サイトは、1つの企業だけではなく、多くの企業が掲載されており、その分情報量も多いので、各企業の比較や、自分の興味を探す上でも見ておく必要があるでしょう。

求人サイトで心惹かれる会社を見つけたら、企業の採用ページもチェック。色々な企業が一度に掲載されている転職サイトとは違って、採用ページはその企業のカラーが出ていることが多いです。

福利厚生や社員の雰囲気などを見てみて、それでも興味があるかどうかも合わせて判断しましょう。また、企業の採用ページは、転職サイトに載っていないポジションが記載している場合もあるので、それが自分の狙っている職種だった場合は、直接応募も手です。

狙っている企業や、やりたい職種のチェックは怠らないようにしていきましょう。特に転職サイトは、求人情報を載せておく期間が決められています。更新頻度も高く、人気企業や人気職種は掲載期間の長さに関わらず、途中で募集を停止してしまうこともあります。

マメなチェックと情報戦が非常に大事です。

20代おススメの転職サイト3選

uzuz_shutterstock_241512070
20代の悩める女性の情報収集の要になる転職サイト。サイト選びも重要です。
ここでは、女性の転職において掲載者数や応募者数の多い転職サイトに抜粋して、おススメをご紹介します。

マイナビ転職女性のおしごと

マイナビが運営する女性向け転職サイト。検索が細かくできるので、自分の要望と社会のニーズの温度感が掴みやすい。

エン転職 WOMAN

エン・ジャパンが運営する女性向け転職サイト。募集企業の動画案内などもあり、企業の雰囲気がより伝わってきやすい。

女の転職@type

キャリアデザインセンターが運用する女性向け転職サイト。女性目線の転職体験談やコラムが充実していて、求人情報だけでなく情報収集にもおススメ。

uzuz_shutterstock_260188841
どんなことでもそうであるように、準備不足のことに良いことはありません。在職中という状況をフル活用して、より自分にあった企業との出会いを楽しんでみてください。失敗も糧にして、心に余裕を持った転職を心がけてくださいね。

転職サイトを利用してもなかなか転職先が決まらなかったり、転職まであまり時間がない方は、並行してUZUZのキャリアカウンセラーにも、お気軽にご相談ください!

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ