就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

転職は年齢によるステージによって、目指せることや準備しておくべきことが異なります。女性は結婚や出産というライフイベントと、キャリア形成の捉え方によって、進む道も変わってきます。30代以降の仕事は、20代での過ごし方による部分が大きいです。20代の女性の転職では、どのような準備が必要になるのでしょうか。

キャリアプランやライフプランを考える

uzuz_shutterstock_292543157
20代の転職でキャリアプランやライフプランを見据えておくことで、30代以降のキャリア形成がスムーズに進めやすくなります。

キャリアプランやライフプランを考える必要性

女性が働いていくうえで、結婚や出産とどう向き合っていくかは切り離せない問題です。「どういったポジションや職務内容で働くこと」を目指すのかによって、転職で求めるべき環境が異なります。

結婚、出産後に、子育てしながら働きやすい企業へ転職することは、ハードルが高くなりますので、結婚する前の20代で、将来を見据えた転職をしておくことが望ましいです。

将来の結婚や出産の時期を予定しておくことは難しいですが、転職の準備として、キャリアプランとともに、ライフプランも考えてみると、転職の方向性が明確になります。

キャリアプランやライフプランに沿った転職とは

キャリアプランやライフプランから、20代のうちに目指しておくべき転職のあり方がみえてきます。

産休や育休、短時間勤務制度は法律で定められたものです。しかし、これまで取得した社員がいないと、心理的な負担から制度を利用できず、辞めてしまう人も少なくありません。

法律上の短時間勤務制度は「3歳に満たない子供」を育てている人が対象です。法律の規定よりも手厚く、「小学校入学まで」、あるいは「小学校低学年まで」の短時間勤務を認める企業もあります。

たとえば、営業職や技術職として昇進を含めてキャリアアップを目指して働く場合、産休や育休を取得して、管理職として働くロールモデルとなる先輩女性社員がいる企業が理想的です。

一方、家事や育児、子育てなど家庭を重視しながら、無理なく働き続けることを考えると、事務職に多い「残業の少ない仕事」に就いておくことも選択肢となります。産休や育休を取得する社員が多く、短時間勤務制度を実際に活用でさていることが見極めのポイントです。

人生において仕事のプライオリティをどう捉えるかを熟慮し、キャリアプランやライフプランを考えたうえで、結婚・出産を経て働きやすい環境に、20代のうちに身を置きましょう。

希望する職種に関連する「資格」を取得する

uzuz_shutterstock_373229407
20代は未経験の職種への転職が比較的しやすい年代です。とはいえ、経験者に比べて未経験者は不利になることもあるでしょう。

転職では資格よりも実務経験が重視される向きもあります。しかし、スクールや通信講座などを利用して、専門的な知識を身に付けて資格を取得しておくことで、一歩前に進むことができます。

転職活動をしながら資格取得のための勉強をするのは、在職中では時間の確保が難しいです。スムーズに転職活動を進めるためには、事前に準備を進めて資格を取得しておくことが必要です。

資格の取得は、未経験の職種の場合は、その仕事に就きたいという思いをアピールするポイントともなります。同一の職種への転職では、資格によっては、収入アップへの足掛かりとなるでしょう。

転職理由を明確にする

uzuz_shutterstock_218101744
「転職理由」=「転職の目的」です。転職する理由を明確にしておくことで、何を目指して転職活動を行うのか目的が明確になります。

たとえば、「今の仕事がなんとなく嫌だから」という曖昧な理由で転職活動を行っても、うまくはいきません。「人間関係」の問題なのか、あるいは「仕事を内容」の問題なのか、転職したい理由を明確にしておきましょう。仕事内容の場合には、転職でステップアップを図るためには、勉強が必要なケースもあります。

また、転職理由は面接の際には、ネガティブではなく、ステップアップを目指していると受け止められる内容に言い換えられるよう、準備しておきましょう。

転職の希望条件に優先順位をつける

uzuz_shutterstock_299381816
転職で希望条件として求めることは、給料や業種、担当する職務内容、企業規模、労働時間や休日など人それぞれです。前述のように、「産休・育休、短時間勤務が取得しやすい環境」も検討するべき項目の一つにあげられます。

しかし、すべての希望が叶う転職を果たすことは、現実的に難しいケースが多いことが実情です。その為転職の準備として、希望条件に優先順位をつけておくと、応募する企業選びがスムーズになります。

未経験の職種への応募では、これまでよりも給与がダウンすることがありますが、キャリアプランを形成するうえで、一時的なものと捉えれば、給料の優先順位は低めです。仕事の幅を広げておくことで、将来的には有利となる転職もあります。

転職に際して何を優先していくか、キャリアプランも踏まえたうえで熟慮してみましょう。

応募書類を準備する

uzuz_shutterstock_239889706
履歴書や職務履歴書は転職の準備として作成しておくと、転職活動が本格化したときの負担が軽減できます。履歴書や職務経歴書はパソコンでの作成が基本ですので、企業に合わせて一部を変えていくだけで、提出書類の作成が完了することがメリットです。

実際に応募する際には、企業によって職歴の中でも応募先企業の業務に関連する内容を重視するといったように工夫をします。

20代の転職では、就業年数によっては、職歴でのアピールは難しい面があります。これまでの実績としてアピールできる点を探し、転職にあたっての資格の取得など熱意を訴えられるポイントを準備しましょう。

まとめ

女性の30代以降の働き方は、20代の過ごし方にかかっています。女性が比較的転職しやすい20代のうちに、結婚や出産というライフイベントを通じて働き続けられる仕事に就いたり、やりたかった職種を目指したりしておきましょう。

女性の活用に積極的とされる企業であっても、実情はさまざまです。また、個々の企業の産休や育休、短時間勤務制度の利用の実態を自分で調べて知るのは難しいものがあります。

人材紹介会社を利用すると、キャリアカウンセラーからキャリアプランに即した求人案件の紹介やアドバイスを受けることもできますので、お悩みの方はUZUZへお気軽にご相談くださいね。

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ staff
UZUZ staff

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。