第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

一度企業に就職したものの、安定した仕事を希望して公務員の道を選ぶ人も少なくありません。公務員は世のため人のために働く立派な仕事の一つです。

しかし、公務員の仕事にもメリットとデメリットがあるのをご存知ですか?ここでは、公務員を選択肢の一つとして考える時に参考にしてほしいポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

「公務員」のメリットとは

uzuz_shutterstock_144065317
まずは公務員で働くメリットについて確認していきましょう。公務員は文字通り公の機関で業務を行うことであり、国や地方公共団体が行う試験に合格することで、公務員として働くことができます。民間企業は経済の状況や売上によって給与や賞与が変わってくるのに対して、公務員は給与面では安定しているというのが大きな特徴です。

入職したては、民間よりも給与が低い傾向がありますが、年齢に応じて給与が昇給する仕組みが確立されており、賞与も必ず支給されます。また、配属される部署によっては、残業がほとんどなく定時で帰れるため、仕事とプライベートの両立が可能になります。

そして最大のポイントは、定年退職後には退職金として老後の資金が入ってくること。安定した職種ということから、住宅ローンなどの審査が通りやすいというのは大きなメリットといえます。

「公務員」のデメリットとは

uzuz_shutterstock_328916051
次に公務員のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。公務員は、住民が収めた税金を給与として支給されるため、住民第一の仕事を心がけなければいけません。配属部署も保育士や福祉職などの専門職でない場合は、多岐にわたって異動の可能性も出てきます。

それぞれ全く違う内容の業務を一つ一つ身につけていかなければいけませんし、住民からの苦情も公務員として対応しなければいけません。給与体系は確立されていますが、場合によっては民間企業で働く人たちより手取りが低いということも。

公務員は安定志向を求める人たちには人気があるため、職種によっては競争率も高く、狭き門なのです。競争率が高いからこそ、採用試験用の勉強を念入りに行う必要があります。

「公務員試験」は仕事を辞めてから勉強?それとも働きながら?

uzuz_shutterstock_395398660
公務員は長期的に見ると、退職金や年金など待遇面が優遇されているので魅力的に映ります。決めたからには受験対策、ということで次にネックになってくるのが勉強時間の確保の問題です。

退職してから勉強をするのか、それとも働きながら勉強をするのかは難しい部分なのではないでしょうか。

公務員を目指すということは人生の大きな目標に掲げることになるので、それなりに計画が必要になってきます。辞めてから勉強する場合、勉強に集中する環境を作ることができますし、公務員試験対策の学校にも通うことができます。しかし必ず受かるという保証はないため、金銭的にも精神的にも辛い時期を過ごさなくてはいけなくなります。

働きながら勉強をする場合、収入を確保しつつ、新たな夢に向かっての勉強はストレス発散になるかもしれません。また不合格だったとしても、今の仕事を継続することができるという利点もあります。

しかし働きながら勉強をするということは、ルーティーンとしての仕事をこなす他、突発案件などの処理にも追われるので疲れてしまい、思うように勉強できなかったということも出てきます。

働きながら勉強をするには、相当な心構えを持って取り組まなければいけないのです。大事なのは公務員としてどのような人生を送りたいのか、具体的にイメージすること。そしてそれに向かって自分自身のライフスタイルや性格なども踏まえて、無理のない範囲で計画を立てることです。

退職理由と志望動機の明確化が必要

uzuz_shutterstock_179111606
勉強の甲斐あって筆記試験に合格した後は、次は面接試験が待っています。新卒で公務員試験を受ける人がほとんどですが、中には経験者採用枠や転職組で受験する人も多くいます。行政ごとに面接の手法が違いますので、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

面接では退職理由や、なぜ公務員を目指そうとう思ったのかという志望動機は聞かれること必須なので、この2点においても自分の言葉で話せるようにまとめておかなければいけません。

先に述べた公務員としての具体的なキャリアプランが明確であればあるほど、面接での印象もアップするのではないでしょうか。

実は幅が広い「公務員」という選択肢

uzuz_shutterstock_256321534
一言に公務員と言っても国の仕事に携わる国家公務員の他、行政で業務を行う地方公務員などさまざまです。また地方公務員は警察官などの公安職の他、学校の先生なども教育職など専門職として働いている人の多くいます。

一般職として入職するケースの他、専門職や社会人経験者採用枠というものもあるので、やりたいことと今までの経験を照らしあわせて慎重に選ぶ必要があります。まずは公務員の職種を調べるだけでも、その種類の多さを知ることができるのではないでしょうか。

採用試験情報は早めに収集を

uzuz_shutterstock_325899800
公務員の採用試験を受ける決意を固めたら、受ける自治体や機関の情報を集め資料などの準備をはじめましょう。採用試験の日程は4月の下旬から要項の配布などを行う場所もあります。

試験日程が重なってしまう場合は、どこを受験するかの優先順位をつけてそれに向けて勉強を進める必要性も出てきます。受験することを決めたら実践あるのみ!効率よく情報を集めながら計画的に勉強を進め、必ず合格すると信じて学び進めていくことが重要になってきます。

公務員試験は早いところで4月下旬に実施、一次試験、二次試験と試験の山は6月から8月にかけて集中しています。試験のための勉強や募集要項の確認などを考えると、遅くても半年以上前の9月頃には試験対策を始める必要があります。9月頃となると、夏休み中には公務員を目指すかどうかの決断が必要になってくるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。どんな仕事にもメリットやデメリットは存在します。公務員も長く働き続けることを考えると、安定性が望めますし、世のため人のためにできることとしてとてもやりがいのある仕事の一つなのではないでしょうか。

あなたの発想が住民の生活をより良くするヒントにもつながるかも知れません。陰ながら応援しています。

その他の働き方にも興味がありましたら、ぜひ以下のリンクをチェックして下さい!

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

 

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ウズキャリ編集部
ウズキャリ編集部

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。