業界解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

住友林業株式会社は、創業から300年以上の歴史を誇る老舗住宅メーカーです。日本国土の900分の1にあたる広大な山林を所有しており、木材在来住宅の最大手として知られています。理系の就活と住宅メーカーは縁遠いイメージがありますが、研究開発職や建築設計士を目指す理系就活生にとっては注目すべき企業のひとつといえるようです。ここでは、住友林業株式会社の企業情報をご紹介します。

「住友林業」の歴史と沿革

uzuz_shutterstock_319650239

住友林業株株式会社の創業は、1961年(元禄4年)に住友吉左衛門友芳が伊予(現愛媛県)の別子銅山の開堀に着手した瞬間から始まります。別子銅山は当時において、世界最大級の銅産出量を誇る鉱山として成長し、現在の住友グループの礎を築くこととなりました。別子銅山に必要な薪や木材、炭の調達のために初めた銅山備林経営が、現在の住友林業のルーツとされています。

1984年(明治27年)には大造林保存計画を樹立し、木を育てながら木材生産を行う体制へと進化していきました。第二次世界大戦後の財閥解体により、株式会社住友本社から林業部門は6社として創立。その後の合併を経て1955年(昭和30年)に住友林業株式会社が誕生しました。木材流通から木造注文住宅事業においては、日本国内トップシェアを誇り、世界各国に事業拠点をもつ大企業として躍進し続けています。

「住友林業」のプロフィール

uzuz_shutterstock_128768312

住友林業グループのコーポレートメッセージは『木と生きる幸福』(引用元:住友林業グループブランドメッセージ)。この言葉は、住友林業グループの全ての社員が一丸となって目指すべき指針として掲げられています。

再生可能で人と地球にやさしい自然素材である『木』を活かし、『住生活』に関するあらゆるサービスを通じて、豊かな社会の実現に貢献します。
引用元:住友林業|経営理念

住友林業グループの企業理念の根幹には、住友の祖である「住友政友(まさとも)」が説いた『文殊院旨意書(もんじゅいんしいがき)』の教えがあります。商人のあるべき姿を指示した教えは、住友精神として全ての住友グループの事業精神の礎として受け継がれているのです。

数字で見る住友林業

住友林業株式会社の売上高は9972億円、営業利益は339億円(2015年3月期)、全住宅販売戸数は12,820戸となっています。従業員数は、単体で4,499人、連結では18,137人(2015年3月31日時点)。気になる平均年収は834万円、平均年齢は41.5歳です。平均年収を比較してみると、建設業界大手の大和ハウス工業が842万円、積水ハウスは782万円とほぼ同水準といえます。

「住友林業」の事業内容

uzuz_shutterstock_297917066

住友林業株式会社の事業の中心にあるのは、「保全林業」です。保全林業とは、『木を植え、森を育み、資源として活用し、使った分はまた植える(引用元:住友林業新卒採用情報|住友林業のちから)』という循環型の森林事業のこと。日本国内のみならず、世界を舞台に森林の保護や再生を目的とする、「植林コンサルタント事業」「カーボンオフセット事業」を幅広く展開しています。

また、良質な木材の供給や木質建材の製造を行う「木材建築事業」も核となる事業のひとつ。日本国内に広大な森林を所有する住友林業だからこそ、成し得る事業領域といえます。

加えて、木造注文住宅のトップメーカーとして、安心で安全な住宅を日本全国に建築・供給。他にも、「木化事業」や「まちづくり事業」「バイオマス事業」「ストック住宅事業」などに事業領域を拡大しています。住友林業グループが一丸となって、総合住生活関連事業に取り組んでいるのです。

詳しい事業内容は、住友林業企業情報|事業内容をご覧ください。

「住友林業」が求める人材とは

uzuz_shutterstock_267766223

夢や目標のために、本気で頑張った人。逆境を跳ね除け、最後まであきらめずに、困難なことからも逃げ出さなかった勇気。そのくせ、涙もろく、思いやりがあり、人の気持ちが分かる。
そんな「心の強い、気持ちいい人」を住友林業は求めます。
引用元:住友林業新卒採用情報|採用担当者からの声

住友林業グループでは、職種別採用方式をとりいれています。募集職種は、以下の3職種となります。

住宅営業職

戸建営業職は、お客さまのニーズに答え、最適な住空間と暮らし方を提案し契約をいただく仕事。家造りのプロフェッショナルとして、注文住宅に関連するあらゆるサポートにかかわります。

また、フォレストメゾン営業職は、土地活用から賃貸住宅経営のアドバイス、資産運用から相続までと仕事の内容は多岐にわたります。住宅営業職に最も求められるのは、高いコミュニケーション能力と粘り強い意志をもっていることです。

建築技術職

建築設計では、注文住宅の最適なプラン提案と着工の実質設計を担当します。お客さまの希望を聞き取り、正確な設計を提案することはもちろんのこと、営業担当との綿密な打ち合わせも重要な仕事のひとつ。住宅設計だけでなく、内外を通してのコミュニケーションが求められます。

また、生産担当では注文住宅の着工から完成までの工程を、最適にすすめるための進捗管理業務を行います。図面チェックや資材調達、品質管理、安全管理から顧客管理に至るまで、果たす役割は大きいといえます。

業務企画職

商社営業は、国内外の拠点を通じて、木材から建材、住宅設備機器にいたるまでを調達、購入、販売する仕事。商社マンとして海外を舞台に活躍できることが最大の魅力といえます。また、事業全体を管理し運営する管理企画は、新プロジェクトの提案や実現にかかわる機会が多い職種。住友林業グループ全体を把握し、組織をつくり上げていく醍醐味が味わえます。

研究開発では、筑波研究所において木の可能性やさまざまな活用法を研究し、あらたな事業を生み出すことを目的にしています。研究開発は、住友林業を根本から支える重要な役割を担っているのです。他にも、山林管理や製造管理などの職種もありますのでそちらも注目してみてください。

詳しい職種の内容と求められる能力については住友林業新卒採用情報|職種を知るをご覧ください。さらには、事業別に募集職種に違いがあるので、住友林業新卒採用情報|事業を知るも合わせてチェックしてみてくださいね。

「住友林業」の職場環境

uzuz_shutterstock_346224740

住友林業株式会社では、社員の育成に力を入れており、さまざまな研修制度や人材育成制度を整えています。「人材」ではなく「人財」と表現するところに、住友林業の社員に対する期待が伝わってきます。

研修制度では、段階別の研修を通してステップアップできる仕組みが特徴のひとつ。さらに、キャリア支援制度を活用すると、希望の部署への移動を希望することができます。(入社5年目以降、年1回の申請による)。また、新規事業部門への応募ができる社内公募制度では、自分の可能性を試せる無限のフィールドが待っているといえます。

(参考元:住友林業新卒採用情報|人財育成・キャリア支援・福利厚生

ダイバーシティ制度を積極的に推進している住友林業株式会社では、政策の一環として女性の活躍を支援するためのさまざまな制度をとりいれています。育児や介護の支援はもちろん、女性ならではの発想力や意見を事業に活かそうとしているのです。

(参考元:住友林業企業情報|女性活躍推進宣言

まとめ

住友林業株式会社では、新しい事業展開を目的とした「未来のちからプロジェクト」を推進しています。「未来のちからプロジェクト」とは、社員ひとりひとりのアイデアがそのまま住友林業の新規事業へつながっていく制度のこと。現在の事業領域でもある「木化事業」や「住宅物流システム」も、このプロジェクトから誕生したそうです。

住友林業株式会社には、自分の能力を最大限に活かすチャンスが待っているのではないでしょうか。未来を切り開くために、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ikemoto
ikemoto

読書と映画、ドラマ鑑賞が趣味の50代。人生経験を活かしたライティングを心がけながら、新しい分野にも積極的に挑戦していきたいと思います。