就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

自己分析をし、エントリーシートを書き、面接に行く。
就活はとても体力のいるイベントですよね。
「できれば一度で済ませたい……」
このように考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、中には面接に行く前から「このままでは就活に失敗してしまうのでは……?」という危険なサインを出している人もいます。
このページでは、新卒で就活に失敗してしまう人の特徴や改善点を、4つのポイントに分けてまとめてみました。

POINT1:自己分析が済んでいない

shutterstock_181762781

自分はどんな仕事に興味があるのか。
そして自分にはどんな長所と短所があり、仕事に活かせそうなのか。
就活に失敗してしまう人は、これらの自己分析が不足している場合が多くあります。

そもそも就活の失敗には、2つのパターンがあります。
1つは、内定そのものがでなかった場合。
もう1つは、就職してまもなく離職し、再就職が必要になってしまう場合です。

実際、厚生労働省の「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」によると、新卒生として企業に入社した人のうち、全体の約3割が3年以内に離職しています。

主な離職理由は、職場の人間関係の悪化のほか、仕事が合わなかった、やりがいを見出せなかったなど、「自分のやりたい仕事を把握していなかった」場合が多いです。
まずはしっかりと自己分析をして、自分がやりたいことと、どうしてもやりたくないことの優先順位をつけてみましょう。

    • 自分が仕事をするうえで叶えたい欲求は何か?

(出世したい、企画を出して認められたい、正しいことをしたい、稼ぎたい、スキルを伸ばしたいなど)

    • 仕事をするうえで、自分の弱点になりそうなことは何か?

(営業が苦手、プライドが高い、飽きっぽい、傷つきやすい、リーダーシップがないなど)

まずは自分とよく向きあって、自分の長所が活かせる仕事は何かを考えてみましょう。

POINT2:「数を打てば当たる」戦法をとろうとしている

shutterstock_136741493

「就活は総当たり戦! たくさん受けまくればどこかは当たるはず」
新卒就活生がやってしまいがちな、危険な賭けです。
理系の新卒就活生は大学の研究が忙しく、採用試験を絞って受けることが必要になるため、尚のことリスキーといえます。

企業・業界研究なしに就活を行うと、不合格や離職の可能性があがってしまいます。
まずは興味のある業界や企業の情報収集を行い、これから勤めるかもしれない市場の状況を把握することをおすすめします。

情報を集める方法としては、以下の方法が挙げられます。

  • 企業のホームページを閲覧し、事業内容や規模を理解する
  • 会社四季報などの情報誌を読み、市場の景気動向、将来性を理解する
  • インターンに行き、実際の社風を体験する
  • 企業OB、OGなど、実際に志望企業で働いた人を探して話を聞く
  • 経済新聞を読み、時事を把握する
  • 初任給や勤務時間、福利厚生・キャリアサポートなどの待遇を知る

就職したい企業が見つかったら、昨年度の採用試験のスケジュールもあわせて確認しましょう。
今年度の試験が昨年度と同じ日程とは限りませんが、目安にはなります。
「応募したかったけど、気づいたら募集が終わっていた……」ということにならないよう、アンテナを張っておくことが大切です。

POINT3:企業ブランドだけで就職先を決めようとしている

shutterstock_308445947

ブランド力に惹かれ、名の知れた企業の面接ばかり行ってしまう就活パターンです。

すでに名前を知っている企業はなじみ深いこともあり、つい目が行ってしまいがちですよね。
しかし、ネームバリューのある企業は競争率が高いほか、面接の日程も長くなる傾向にあります。
大手企業に挑む気持ちは大切にすべきですが、他の企業の採用試験もあわせて受けるようにしましょう。
類似する社風の企業や、業務内容が似ている企業、業績を伸ばしている成長株の企業などを確認し、大手企業と同じように対策を行うことをおすすめします。

既卒の就活では特に要注意

なお、既卒の就活においても、同じ事がいえます。

既卒の就活では「就職が遅れてしまった分、より良い企業に入って挽回したい」という気持ちが強まりやすい傾向にあります。
加えて、通年で就活を行えること、就活の終わりを自分で決められることなどから、納得できる企業の内定を得るまで就活を行うケースもあるのです。
特定の企業にこだわりすぎずに、視野を広く持って就活を行ってみてくださいね。

POINT4:面接で自慢話をする

shutterstock_159410348

面接の自己PRにおいて、長々と自慢話をしてしまうパターンです。
自分に自信がある人や、就活面において謙虚でない人、面接の準備をしていない人によく見られます。

自分を売り込むことと、自分を自慢することは似ているようで異なります。
面接で必要になるのは前者、「自分を売り込むこと」です。

本来、採用面接とは、「就活生が企業にとって有益である人材かどうか」を見極めるために行われています。
特に多くの企業が面接で重視しているのは、積極性や協調性、責任感、柔軟性、リーダーシップなどです。企業の一員として共に働き、柔軟に対応できる人かどうかを判断しています。

面接の自己PRでは、「自分がいかに素晴らしい人間か」を語るのではなく、「企業の求める人材像に、自分がいかに近いか」をアピールしましょう。

以下に、企業が敬遠しやすい、リスクの高いアピール方法をまとめました。

    • 「将来的には独立したい」

(意欲的ではあるものの、企業に長く勤める意志は薄いと判断されやすい)

    • 「いろいろ頑張ってやってきました」

(抽象的なワードは説得力に欠けるため、具体性をもたせましょう)

    • 「学生団体で〇〇という運動をし、表彰されました」

(属した団体の功績をアピールするのではなく、自分がどう行動したのかを表現しましょう)

■まとめ

新卒で就活に失敗してしまう人の特徴についてご紹介しました。
最後に、就活を成功させるための改善点をおさらいしておきましょう。

  • 自己分析をしっかり行って志望企業を決めよう
  • 業界の景気動向や成長株の企業など、志望する業界の実情を学ぼう
  • 企業が求める人材像を知り、アピールポイントを探ろう
  • 面接で自慢話をするのはNG。企業が求めている人材像を理解し、「こういう経験があるから役にたてる」とアピールする

就活の有意義なゴールは、「自分がやりがいを持って、長期的に勤めることができる企業の内定をもらう」ことです。

入念に準備をして、長く働ける企業を見つけてみてくださいね。

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。