第二新卒・既卒の内定者の声|07〜11卒

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

スキルアップのための転職活動

th_shutterstock_115846333

今回Tさんが転職活動の背景は、まさにスキルアップの為のものでした。これまでの6年の勤務で自身のスキルアップに不安を感じていました。日々仕事をしてはいるものの、「どこでも通用するスキルが身につくのか」。それが彼の不安として日々悶々としていたそうです。先輩上司に相談しても、「今は大丈夫。これからだよ。」「そんなこと気にし過ぎても仕方のないことだ。」の繰り返し。

確かに、このまま続けていけば会社に居続けることは出来る。そして、安泰だ。ただ、なんだか今のままじゃいけない気もする。職歴が長くなっても、それに見合ったスキルは今の自分にあるのか。そこが彼を突き動かしました。

自身の悩みを解消させるために会社を辞めて転職活動を開始。まさに、これまでの経歴をなりふり構わず捨て去り、ゼロから再出発をしていこうというものでした。そして彼の就活を難航させたのは、地方在住という点。時間をいかに確保するか、対策の時間、面接日程の調整など、様々な壁を乗り越えての内定獲得。その一部始終をお伝えします。

航空自衛隊での6年間

th_shutterstock_142650745
高校2年生の際に、飛行機が好きで航空ショーを見に行ったのがきっかけです。機械触るのが好きだったので、航空自衛隊に入ろうと決意。そして、特筆すべきことがもう一つ。彼は、大学に進学しようと思っていなかったということ。漠然と大学に行くくらいなら、仕事をして、お金を稼いだ方がよいのではないか。そして、航空自衛隊に入隊しました。

これまでの6年間は航空自衛隊にて勤務していました。具体的には、無線レーダー機材の保守整備や整備書類の作成、また工具や取扱書の管理補充などといったものでした。

日々の業務を通じて学んだことは数多くありましたが、本人がこの6年間の経験である違和感がありました。「自分は明確なスキルを持てているのか」自分が勤務している環境のレーダー機材の運用は問題なく行えるようになりましたが、その一方でそのスキルが他の環境で活かせるのかは不明確でした。他の部隊の方が自分の部隊に入って業務を行うと、自分よりスキルを持っていたりしました。「あれ?自分は6年間やってきたのに、スキルが身についていないのか・・?」結局、自分自身のスキルアップが出来ておらず、このまま年齢を重ねることへの不安から、転職を検討し、改めてスキルを身につけるために動いていこうと、考えました。

これまでの6年間をリセットするつもりで、改めてゼロからの就活です。数々の不安はありますが、彼は決心しました。

転職活動成功の秘訣

th_shutterstock_346033793
彼の転職活動は、なかなか難しい環境でした。その理由は以下の通りです。

  • 岩手県出身であるということ
  • 面接対策時間の確保が困難
  • 自身のスキルを正確に伝えることが不得手である

この点の克服は持ち前の実直さで解消していきました。一つ一つを丁寧に解消していきました。やはり時間はかかりますが、それ以上に重要な点が彼の納得のいく就職活動を行うということ。複数社の選考を受けながら自身が身に付けたい専門性を極めるという部分を実現させました。

内定先はものづくりメーカーになります。ゼロからスタートではありますが、彼の持っているスキルを改めて伸ばせば十分力を付けることは可能でしょう。地域という難点を克服し、逆転内定を達成させたTさんの今後の活躍を祈ってます!!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Takahiro Takimizu
キャリアカウンセラー
埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。