第二新卒・既卒の内定者の声|14卒
shutterstock_103977011 (1)

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

自動車のディーラーとして勤務していたYさん。残業が長く、もっと効率良く働きたいと感じ、転職を決意されました。その経緯をお伝えします!

Yさんの経歴

shutterstock_229428385

まずはYさんの簡単なご経歴から説明しましょう。

年齢: 24歳
性別: 女性
職歴: あり(自動車ディーラー2年)

ディーラーとして努力した2年!もっと効率良く働きたい!

Yさんは自動車ディーラーとして働いていました。Yさんから買いたい!とお客様に思ってもらえるよう、来客してくださったお客様に手書きのお手紙を買いたり、時間のあるときは直接ご自宅まで訪問をして接触の機会を増やしていました。

その結果、売り上げ目標は達成し、ディーラーとして活躍をしていました。しかし、Yさんはここで長く続けていけるのかと疑問に思うことがありました。それは「労働時間の長さ」でした。店舗営業が終わったあとにミーティングが始まるために、どんなに作業が早く終わっても帰りは22時過ぎでした。

Yさんはどうにかもっと早く帰れないかと、通常より1時間早く出社をして事務作業を行うことにしました。その結果、Yさん個人は業務効率をあげることに成功しました。この経験を上司に話し、「出社時間を全員が早くして夜の帰りを早めませんか」と提案するも昔ながらの慣習もありあっさりと却下されてしまいました。

どうせやるならもっと営業力をつけたい!法人営業にチャレンジ!

前の職場では自分がどんなに努力をしても早く帰ることは難しいと感じました。そのため、Yさんは転職を決意しました。これまでは個人向けの営業をやってきましたので、これからは法人営業の経験を積み、営業力にさらに磨きをかけたいと考えるようになりました。

Yさんのすごいところは選考を受ける企業のことは徹底的に調べるところ。また自分がこれから何をしたいのかを納得のいくまで考えて、面接に臨まれていました。

その結果、航空・宇宙機器を作るメーカーから内定をもらうことができました。実はこの会社には女性の営業担当がおらず、Yさんが入社したら紅一点という状況でした。男性社会で働くのは嫌がるのではと心配していましたが、前職も男性が多かったことから全く気にせずに入社をいめたYさん、男前です。

2月の末に退職して、3月の上旬には転職先を決めて、新たな環境で働き出しています。即決&即行動のYさんだからこれまでも営業として活躍されていたんだろうと感じました!これからも頑張ってくださいね!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yurika Yokoyama
Yurika Yokoyama

神奈川県出身。元第二新卒。青山学院大学卒業後はベンチャー企業に入社し、業務未経験ながらマーケティング部で働くも1年で退職。その後、就活に悩む方をサポートすべくUZUZに入社。現在は法人営業とキャリアカウンセリングを担当し、求職者のサポートを行っている。