第二新卒・既卒の内定者の声|14卒

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

今回は未経験の人事職に入社を決意されたYさんの成功体験です。総務の経験があったYさんは、最初の面談では新規開拓営業を希望されていました。でも最終的に人事に入社を決めた理由とは?その経緯をお伝えします。

Yさんの経歴

shutterstock_156793886

まずはYさんの簡単なご経歴から説明しましょう。

名前: 経堂 猿児(仮名)
年齢: 23歳
性別: 女性
職歴: あり(総務)
出身: 静岡
苦手: イケメン

1991年 静岡で産声を上げる。
2010年 結構いいとこの大学に入学。
2014年 結構いいとこの大学を卒業。
  そして何故か不動産業界を選択。。。

年収を上げたい!でも自分に合っている仕事って?

某有名大学を卒業したYさん。新卒時は「人生を大きく左右する決断の瞬間に関わりたい」そんな気持ちから不動産や人材系を中心に受けられていました。なんとなく理解はできる動機ですが、不動産や人材の場合、営業職であればテレアポ・飛び込み当たり前という比較的体育会な業界です。

おそらく適性を見られての判断でしょう、Yさんは結果的に不動産会社に入社するも、総務職の配属となりました。この会社の判断は、カウンセラーをしていても納得でした。Yさんの場合、どちらかというと押しが弱く、新規開拓の営業よりもバックオフィスとして頭を使って効率化をしたり、社内のマネジメントや仕組み化をする方に適性があると感じました。

退職の理由は営業職に就けなかったから、というわけではなく別の理由があったのですが、退職を機にこの悩みを抱えることなりました。つまり、営業職に就いてお金を稼ぎたいという気持ちがありつつ、自分に合っていないという認識もあったことです。

就職活動時の葛藤と策略

将来的に稼げるようになりたい気持ちがあり、営業職として活躍したいという想いもあったことから、まずは高収入の営業職を中心に受けていくことにしました。新卒時の就職活動の軸に遡り、人材系を主にご紹介しました。その中に1社、人事職の求人も加えることにしました。

その理由は下記の通り。

  • 人材に興味があるということは人事にも興味があるだろう
  • 総務で採用に関わった経験あり
  • 人事職も営業と同様のマインドが必要

人材系の会社で営業職を経験すると、人事職に転職する際も有利に働きますが、これは人事職も営業職と同様にKPIを追っていく仕事だからです。年間を通して、いくらの予算で、何名を採用する目標があり、そのために集客・エントリー数・面接数など数字で管理する必要があります。この考え方は営業職におけるノルマ達成の考え方に非常に近いんです。

人事の仕事にもやりがいを感じていたYさんは、並行して人事職も受けていくことを決めました。

辞退の一歩手前まで…でもそこからの決断

地頭の良さもあり、新規開拓の営業職においても一次は通過することができました。しかしながら、最終面接で落ちてしまうことが多く、営業職においては苦戦が続いていました。

そんな中で、前職の経験も活かせる人事でようやく内定が出たのです!営業職の希望も捨て難かったYさんはすごく悩みましたが、人事で活躍されている女性の先輩社員と面談の時間を設けて頂いた結果、その方と仕事をしたいという気持ちが強くなり入社を決断されました。

仕事に対する「希望」と客観的に見た「適性」は難しい判断ですが、今は入社されて活躍されていると聞きます。最終的に自分が納得するかが大事です。これからの更なる活躍に期待しましょう!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Hiroki Okamoto
キャリアカウンセラー 兼 取締役副社長
株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。