就活体験談をよむ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

仙台から上京して就職活動をされていた既卒者のSさん(24歳 男性)が無事未経験分野のエンジニア職で内定を獲得しました!どのように既卒就活を進めてきたかをご紹介します。

新卒時の就活から公務員を目指した既卒としての1年間

Sさんは新卒時代には民間の就職活動を行っていませんでした。「人の命を守るしたい」「体を動かす仕事がしたい」という軸から消防士を目指していたためです。在学中に合格することができなかったため、卒業後1年間という期限を定め再度公務員試験に取り組んでいました。筆記試験は無事通過したのですが、最終合格には至りませんでした。そこで振り返ってみて、他にも世の中には色々な仕事があるんだから、もっと視野を広げて就職活動を行ってみよう!と考えUZUZにご登録頂きました。

Sさんはとても素直で人の良さがにじみ出ているようなタイプの方でした。また、同級生と比べて遅れを取っているという焦りを感じており、少しでも早く同級生に追いつきたい!という熱い思いを持っている方でした。

仙台から上京して再スタートした就職活動

shutterstock_260692607 (1)

そんなSさんが就職活動を行う際に目指した方向性はインフラエンジニアという道でした。なぜインフラエンジニアを選んだのかというと

・社会の土台となるIT分野の根幹を支える仕事であるため多くの人の生活を支えることができる
・技術職という事で専門性を身につけることが出来るため、市場価値の高い人材に成長することができる

といった思いから軸を定めされました。

また、実際に選考を受ける際には、IT企業は首都圏が中心となるため、上京する必要がありました。上京するまでの期間はSkypeで面接の対策を繰り返し、万全の状態で年が開けてから上京されました。

資格試験合格までの道のり

shutterstock_270477641

Sさんは複数のIT企業の面接を受け、その中から自分が一番成長できる企業だと感じるある変わった選考フローを取っている会社を選びました。それはKSKテクノサポートという会社です。こちらの会社は一次面接を突破すると、KSKカレッジという合宿形式の研修を受け、そこでCCNAというインフラエンジニアの登竜門と言われる資格を取得すると内定を頂けるという選考フローの会社です。

入社前から、そこまで時間をかけるほど教育に力を入れているという環境に魅力を感じ入社を決意されました。

資格試験合格のための研修はもちろん厳しい面も沢山ありましたが、諦めずに努力し続けたSさんは無事先日CCNAに合格し、内定を勝ち取りました。先週内定のお祝いでお酒を飲んだのですが、やりきった男の顔をしていたSさんを見て非常に嬉しくなりました。

これから社会人として働いていくと、嫌なことや大変なことも沢山あると思います。でも、それは全部Sさんの成長の糧になるはずです!これからのSさんの成長を陰ながら応援しています。

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Hiroki Okamoto
キャリアカウンセラー 兼 取締役副社長
株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。