第二新卒・既卒の内定者の声|15卒

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

本ブログでは営業マンとして入社したDさんが、エンジニアへと再出発するために始めた就活方法をご紹介します。今回、Dさんの大転身を遂げることができた要因として大きく2つが挙げられます。是非ともみなさんも参考にしてください。

それではまずDさんの経歴と就活のきっかけをご紹介します。

投資用不動産の営業を1年未満で退職

Dさんが弊社に来社した時は、だいたい夏も終わるくらいのことでした。新卒で投資用不動産の営業に配属されたDさん。投資用不動産の営業は基本的に断られること前提で行うので、1日に何百件ものテレアポや飛び込み営業をを行うことはザラです。Dさんも、毎日飛び込み営業やテレアポをしながら営業活動に励んでいました。

「営業にさほど抵抗はないのですけども、もともとしたいと思っていた働き方ではなかったです」彼は自身の甘さなども踏まえながら赤裸々に語ってくれました。「罵声などが飛び交うのもありますが、一番きついのはスマホにGPSがついていて、それで上司に自分が今どこにいるかを追跡されるのです」

それを聞いた時「それはいくら何でも……」と思いました。このようなマネジメントの方法は、いくらIT技術が進化してもやってはいけないパンドラの箱ではないのか?!と思わずにはいられませんでした。彼はそのような状態を「普通」として捉えて仕事していたので、「このストレス耐性は半端ないな」と感じたのを覚えています。

そんな彼に転職をしてどんな働き方をしていきたいのか、を伺いました。彼は、そもそもゲームが好きでIT業界に進みたいと新卒時から思っていたそうです。今回やはり早いうちに方向転換したいと思い転職を決意されたそうです。

大学在学中も文系ではありましたが、自分でゲーム製作して友達同士でプレイし合っていたそうです。さらに相当なゲーマーであることもわかりました。ゲームセンターが好きでゲーセンでアルバイトするようになり、イベントも主催したことがあるそうです。だから今回、再度ゲーム業界とまではいかないけども手に職つけて仕事をしていくIT業界に入りたいと思い転職活動を始めました。

Dさんが就活でうまくいった2つのポイント

th_shutterstock_146280422
さてDさんの就活の軸は一本、プログラマーになることでした。そんな彼が夏の終わりから就活を始めて年明けに無事内定が出るまで、どのように就活をしていたのかを紹介致します。彼の在職中にも関わらず就活をきちんと無事終えることが出来た大きな要因は以下の2つです。

転職活動に充てるスケジュールを自分で確保した

彼は火曜日と隔週水曜日が休みでした。そこで毎週休みの日は弊社に来て面接の対策をおこないました。1ヶ月に4度とまではいかないですが、2度は最低お越しいただき現状の共有と面接に臨むために練習を行いました。なぜ転職をしようと思ったのか、なぜ営業からITへ進もうと思ったのか、現職で意識して仕事をしていたことはどのようなことか、など世間話を含めながら進めることができました。

面接への準備がきちんと出来た状態で臨んだのがいい結果につながったと思います。

勉強をきちんとしたこと

さらにDさんは休みの日に自分でC言語やJavaについて勉強していました。営業で疲れた体を休めることや趣味のゲームにもっと時間を割きたかったと思いますが、勉強をしていた事実を聞いたときは彼の「覚悟」が見えました。ゲーム作っていた経験もあったそうなので、その技術を再度思い出すためにゲームやアプリを自力で少し作ったりしていたそうです。このように「自分がこれからIT業界で仕事をしていくために」出来ることをかたっぱしからしていました。

上記の様にDさんは「プログラマー」としてキャリアチェンジする準備を整えていたのがいい結果につながったのだと思います。

Dさんの内定

th_shutterstock_160521443
Dさんは、自分の第一志望の企業から内定をGETしてこれからプログラマーとして働いていきます。営業とは違う楽しみや辛さもあると思いますが、勉強して自分の力を着実につけていってほしいです。

Dさんの就活から「面接への準備」と「職務への準備」を欠かさずやることの大切を改めて知りました。なかなか皆さんも準備に時間を割くこと難しいかと思いますが、「準備」をまず始めていきましょう。何から準備していかなければいけないのか、分からない方や確認したい方は弊社に問い合わせください。一人で悩むより多くの方の意見を聞いたほうが絶対就活は効率よく進めることができます。

Dさんのように思い切ってキャリアチェンジする時は、まず準備からです!!!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Shingo Nakamura

愛知県出身の元第二新卒。米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて生物学を専攻。大学を卒業後、ラーメン屋、インド現地の旅行会社などを経てUZUZに入社。UZUZではキャリアカウンセラーと「ウズウズカレッジ・営業コース」の管理/運営を担当。