第二新卒・既卒の就活Q&A
shutterstock_273184124

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

20代の若手が就職活動を行う際に一度は見た事がある「第二新卒」という言葉。よく耳にはするが第二新卒の就職活動はどんな具合なの?という就活の小さな疑問にお答えしていこうと思います。

第二新卒って何ですか?

shutterstock_390194944
「第二新卒」という言葉には、企業や媒体によって様々な定義がありますが、第二新卒ナビでは「新卒として就労後、3年以内に転職を希望する20代の若者」という意味で使用しています。

新卒で企業に入社したが、「長期就業が見込めない」「営業ノルマがきつすぎる」など何らかの理由で3年以内に退職した方を指します。

ただ、この定義にも曖昧な部分はあって、じゃあ26歳で職歴が4年ある方は第二新卒と呼ばないのかというとそんなこともありません。20代で転職活動をしている若者、というような広い意味で使用しています。

また一方で「既卒」とは、大学を卒業後、社員として就業経験がない20代の若者を指します。例えば、大学卒業後、難関資格の勉強や公務員試験に向けての勉強をしていた方や、卒業後もアルバイトを継続していた方などです。

実際、第二新卒は就職活動において不利になる?

shutterstock_317601674
これは状況によります。第二新卒というと、「もう自分は内定が貰えないのでは……?」と不安になる方もいると思いますが、必ずしもそんなことはありません。

もちろん、新卒の頃の就職活動と比較すると業界や職種、求人数などが一気に少なくなるため選択肢が狭まることは事実です。しかし、未経験から新しい業界や職種に挑戦できる機会でもあると思いますし、第二新卒での就職活動で実際に有利になる方もいます。

どんな場合なら有利になる?

例えば1社での職務経験が2年以上ある方。即戦力を期待された中途採用枠では経験不足とみられてしまう場合もありますが、第二新卒枠であればある程度のビジネスマナーを身に付けており、かつ前職の色に染まっていないという部分で、その職務経験がプラスとなることが多いです。

また、職務経験を積んで、現職(前職)で実績を残している方ももちろん効果的なアピールとなります。

不利になってしまう場合は?

逆に、不利になってしまうのは職務経験が0〜6ヶ月の方。退職理由にもよるので一概には言えませんが、「この期間の早期退職であれば就業経験がない既卒の方がいい」と考える企業も多くあります。

「この人は入社後長く働いてくれるのかな?」「うちに入社しても、何か嫌な事があったらすぐに辞めてしまうのではないか」と不安な印象を与えてしまいます。面接でも退職理由についてかなり詳細に聞かれるので、しっかりと答えられるように事前に準備をしておきましょう。

ただ、これもその方の年齢と経験によって変わります。例えば、未経験の分野に挑戦する際、27歳で全く別の分野で5年の就業経験がある方よりも、23歳で職務経験がない方の方が有利になることもあります。

では、就業経験がある第二新卒とそうでない既卒、どちらが有利なのか、どこがボーダーラインになるかというと、就業期間6ヶ月〜1年がラインになってくるかなと思います。

就業経験が1年前後ある場合は第二新卒の方が有利に働くケースが多いですが、就業経験が半年未満の場合は、逆に既卒の方が有利になることもあります。「就業経験があればいい」というわけではないので、注意が必要ですね。

なお、職歴が半年あれば書類選考が通過する企業もある一方で、1年以上ないとエントリー自体できないという企業もあります。企業によって差があるため、自分で個人的に調べるのもいいですし、インターネットを使用して調べるのもいいと思います。

ネットの情報を見分けるのが難しい場合は、実際に働いている人やエージェントに聞いてみるのも1つの手です。

まとめ

shutterstock_97598495
以上、簡単ではありますが第二新卒の就職事情についてお伝えしました。(もちろんこれに当てはまらない場合もあります。)

ただ、だからといって「自分はまだ半年未満だから続けなきゃいけない」などと思い詰めないでくださいね。心や体を壊してまで働くのも違うと思いますし、気力・体力を回復させるのに時間がかかります。また、一度体調を崩してしまうと、企業に伝えたときに選考に通りづらくなる場合もあります。

第二新卒ナビでは、短期離職者の方でも内定を獲得して立派に入社していく方々がたくさんいます。参考にしてみてください。(内定者の声|短期離職者の方へ)

自分の状態とどのくらい辛いかなどを周囲の方に相談して、心身ともに健康な状態で就職活動に臨みましょう!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yuka Miyota

栃木県出身。元既卒。大学卒業後UZUZに登録し、副社長・岡本とのキャリアカウンセリング翌日に、UZUZ5人目の社員として入社。キャリアカウンセラー業務を経て、現在はカスタマーサポート/広報/人事アシスタントを担当。既卒・第二新卒の方に活躍の場を与えるべく、日々奮闘中。