業界解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

理系男子にとって最も激戦区の食品業界

毎日、生きていく上で関わりを断つことができないのが「食」。健康的な食事を心がけている方も多いのでは?とはいえ、誰もが日々の生活に欠かせない「食」を仕事としてできるわけではありません。「2015年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」では、食品業界を志望している理系男子が特に内定を取れずに卒業してしまっているという統計結果が出ています。つまり、競争率が非常に高いという状況です。

そんな就職するチャンスの少ない食品業界に惹かれているそこのアナタは必見です!一人ひとりの生活を支え、時には特別な思い出となる食事の裏側で、日々奮闘する食品業界事情をリアルにお伝えします!

食品業界の基礎知識

animal-countryside-agriculture-farm

食品業界とは、食品に関する産業の総称で、生産された食品の流通、加工、外食産業に至るまで幅広くカバーしている業界です。従来、素材を加工する食品加工業がメインでしたが、現在は、素材供給源である農業、水産業、化学工業や食品流通、飲食店などを含む「食の担い手」としての仕事を指します。

意外と知られていないのですが、食品業界は地方銀行の状態や為替、原料価格など「お金」の現状をよく理解し、把握しています。特に日本での食料自給率(カロリーベース)はここ数年40%を下回っており、先進諸国の中では最低水準となっています。食料自給率の60%を輸入に頼っている現状ですので、海外から食料を調達する上でコストに敏感になることは必然と言えます。国産食品の需要は年々高まっており、価格の上昇に歯止めが掛からない状況にもなってきています。

この業界は食品以外にも環境問題や農業・水産で利用する医薬品に関する事業も行っています。つまい、様々な観点から「食の究極の安全とおいしさ」を追求しているのが、食品業界ということです。

食品業界にはどんな仕事があるのか?

大企業から中小企業まで、食に関わる会社は多数あり、さまざまな役割を担っています。具体的な仕事としては、研究、商品開発、生産技術、営業・販売促進といった業務があります。

「研究」では、既存商品に原材料や添加物を加えて安全性やおいしさを高める改良を試みたり、添加物の基礎研究なども行われます。「商品開発」はマーケティングの視点から時代や瞬間的な流行からニーズを汲み取り、魅力的な食品を開発します。「生産技術」は、工程管理、品質保証を手がけ、生産プロセスの立ち上げから安定的な生産体制の確立までを担当しています。最後に「営業・販売促進」では、販売代理店で自社商品を扱ってもらえるよう営業を掛けます。販売店の従業員とコミュニケーションを取りながら、商品の魅力を長期的に伝えていきます。

業界のシェアはどうなっている?業界トップ10まとめ

food-healthy-vegetables-potatoes

1.明治ホールディングス

売上高:1兆1,480億円
売上高シェア:6.4%
平均年収:956.6万円

強み・特徴

お菓子や乳製品、健康栄養食品など多岐にわたる商品展開が魅力的。また、「Meiji Seika ファルマ株式会社」では農薬や動物薬の研究開発や販売を行っており、おいしさや楽しさ、健康に加え原材料から安全なものを心がけています。

2.日本ハム

売上高:1兆1,220億円
シェア:6.2%
平均年収:772.2万円

強み・特徴

ニッポンハム売り上げの50%以上を占めているのが社名にもある通り、食肉事業です。国内や海外に多数の自社農業を持ち、牛・豚・鶏を自ら生産飼育しています。海外にも加工拠点を置いているため、より新鮮なままで特産の肉を加工しています。

3.味の素

売上高:9,913億円
シェア:5.5%
平均年収:906.6万円

強み・特徴

冷凍食品や即席麺、調味料が人気です。また、バイオファイン事業としてうま味の研究を進めているのも特徴のひとつ。味の素が食品やうま味の核だと考えている「アミノ酸」の研究にも力を入れています。

4.山崎製パン

売上高:9,682億円
シェア:5.4%
平均年収:559.8万円

強み・特徴

パン、手軽に食べることのできる和菓子や洋菓子の商品開発、生産はもちろんのこと、海外にも駐在員事務所を設置しています。アジアを中心にアメリカ、ヨーロッパまで11カ所で食品市場の調査や研究、ベーカリーやパティスリー出店も行っています。

5.マルハニチロホールディングス

売上高:8,517億円
シェア:4.7%
平均年収:760.8万円

強み・特徴

水産物を中心に事業展開しています。海外の水産物を調達するための情報網はマルハニチロならでは。魚のプロ集団としての事業展開として、世界有数の水産資源を有する北米に特化した事業チームもあります。

6.日本水産

売上高:6,042億円
シェア:3.3%
平均年収:772.4万円

強み・特徴

漁業や養殖で獲った水産物を加工し、商品の流通まですべてを担います。日本各地、世界各国に提携する会社を持ち、食糧供給体制を強化しています。日本ではぶり、チリではさけやますの養殖に挑戦しています。

7.森永乳業

売上高:5,992億円
シェア:3.3%
平均年収:664万円

強み・特徴

ヨーグルトや牛乳など乳製品の商品開発や生産、販売と合わせて乳製品に重要なビフィズス菌、ラクトフェリン、ペプチド研究を行っています。おいしさや安心・安全に加え、「栄養」にも重点を置いて事業展開しています。

8.雪印メグミルク

売上高:5,449億円
シェア:3.0%
平均年収:656.8万円

強み・特徴

牛乳だけでなく、バターやチーズ、清涼飲料水などの商品展開をしています。グループ企業理念の3本柱のひとつに掲げている酪農生産に貢献しています。国内の酪農生産の基盤強化や持続的発展に尽力しています。

9.キユーピー

売上高:5,305億円
シェア:2.9%
平均年収:579.9万円

強み・特徴

かわいいキューピーちゃんが印象的です。調味料やサラダ・惣菜に特化した事業とは別に、たまご事業があります。年間で日本で生産される卵の10%ほどを利用するキューピーだからこそ、お菓子やかまぼこの加工にも多く利用される卵の活躍の場を広げる仕事をしています。あと意外と知られていないのですが、正式名称は「キューピー」ではなく「キユーピー」なんです。

10.ニチレイ

売上高:5,111億円
シェア:2.8%
平均年収:763.5万円

強み・特徴

加工食品や、水産、畜産と様々な分野の事業を展開しています。お弁当用や、食卓用の冷凍食品、冷凍野菜やレトルト食品などは有名です。また、バイオサイエンス事業ではサプリメント原料の研究や開発にも取り組んでいます。

番外編|成城石井

強み・特徴

成城石井というスーパーを知ってる人は多いはず。価格帯も通常のスーパーよりは少し高めにも関わらず、好調な売り上げに注目が集まっています。駅前などに設置されているので狭く感じるかもしれませんが、1店舗あたり1万種を扱います。ワインの品揃えにも定評があり、今後の展開に注目が集まっています。

食品業界の今後

food-eggs-box

就職するにあたって気になるのが、業界の今後の展望です。食品業界では、今、食品の安全性を一層高めていくことが急務だと言われています。牛肉偽造事件など会社の安全性を確立するための体制を改善するだけでなく、鳥インフルエンザなど医療的な側面からも安全性向上への取り組みが必須となっています。

しかし、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の締結によって遺伝子組換え表示義務が廃止されたり、牛海綿状脳症(BSE)の対策基準の緩和などを参加国から要求される可能性も十分あります。もし、TPPが実現されれば、食の安全を確保するのは今よりも難しくなりそうです。

他にも様々な問題がありますが、これから重要になるのは、安心・安全だけでなく、「エコ食品」や「オーガニック食品」にも順応していくことが重要です。会社によって、さまざまな役割や事業が展開されているので、まずは自分自身がどんな観点から食にアプローチしたいかを考えることから始めましょう。

もっと知りたい人向けの情報ソース

最後までご覧いただき、ありがとうございました!自動車業界についてもっと知りたい!という人は、ぜひ下記の情報ソースを参照してみてくださいね。

  • 食料自給率の先進諸国との比較(農林水産省HPより) http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/011.html
  • 食品業界シェア&ランキング(平成25、26年版) http://gyokai-search.com/3-syokuhin.htm

▼新卒以外の既卒・第二新卒の方はこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

▼既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

▼ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

▼未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ INTERN
UZUZ INTERN

UZUZのインターンとして参加した第二新卒・既卒がブログを書いております。その文章は時には楽しく、時には悲しいものですが、共感することがあると思いますので、読んでみてください。