第二新卒・既卒の就職市場分析
th_imasia_18308093_M

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

営業職を早期で退職してしまうと職業選択の幅が狭くなってしまうと思ってしまいませんか?職業選択が狭くなってしまい、結局自分の望むキャリアは歩めないと思っている方もいると思います。ただ、実際にはそんなことありません。今回ご紹介する方は営業経験半年で、その後事務職、エンジニアと幅広い視野を持って職業選択を行い、エンジニアに覚悟を決めて転職をしました。そうなった彼女の考え方を覗いてみましょう。

性別: 女性
就職活動ステータス: 第二新卒(職歴あり)
年齢: 23歳

就職活動で苦労したこと

自分のやりたいことが明確ではなかったため、業界や職種を決められなかったこと。

その苦労をどのように乗り越えたか?

担当のキャリアカウンセラーの方に相談したり、実際に様々な業界、業種を理解するために説明会に参加しました。

就職活動がうまくいくようになったキッカケは?

自分にとって譲れないところを明確にしたこと。自分が乗り越えられるものと乗り越えられないものを見極めて企業選びや考えを纏めました。

入社する会社を決めた理由は?

多様なキャリアを描けるところに惹かれたから。業界や職種理解は進んだものの、未経験で明確にどのように成長していけるのかは不安がありました。しかし、入社後に働きながら考え、選んでいける環境が整っている点に安心しました。

UZUZの就活サポートの良かった点

私の考えをよく聞いて理解しようとしてくださったこと。自分が甘えている、弱いと自覚している「本音」まで受け止めてくださいました。企業選びや面接対策でもたくさんご迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず、いつも笑顔で対応してくださったのが本当にありがたかったです。

これから就職活動をする後輩にアドバイスを

私は新卒の時の業界研究や職種理解が不十分だったと反省しています。目の前の内定に惑わされず、その先の「そこで働く自分」や「そこに勤めて過ごす365日」をイメージしてみてください。その企業で、自分が思い描いているものが得られるかどうかが大切だと思います。

担当から一言

本当に最後まで悩んでましたね。その悩むということが就職活動では重要だと思います。最後に「入社を決めました!!!」という話をしている時の声は非常に弾んでいるように感じましたよ。この先、苦労することは多いと思いますが、頑張ってね!!就職活動お疲れ様!!!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Takahiro Takimizu
キャリアカウンセラー
埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。