第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

前回の記事では、公務員の方が民間企業への転職を考えるときに多い理由や、民間企業がどのような人材を求めているのかについて記載しました。

企業や業種にもよりますが、公務員から民間企業への転職は30代くらいまであれば可能であることが多いようです。しかし、一般的な就職活動と同じように、年齢が高くなるにつれて転職が難しくなる傾向があります。

ここでは、実際に面接を受ける際、どのような点に気をつけるべきかをまとめていきます。

公務員が民間企業の面接で気をつけるべきポイント

shutterstock_379992868
公務員の方が一般企業で面接を受ける際は、主に以下の2点に注意しましょう。

前向きな転職であることを伝える

面接の際、採用担当者に「前向きな転職」であることを理解してもらうことが一番のポイントとなります。明確な目標を持たず、単に「やりたい仕事が見つからなかった」では、転職してもまたすぐ辞めてしまうと思われてしまいます。 もちろんネガティブな理由で転職を考える方もいるかもしれませんが、一度「将来自分はどのようになりたいのか」ということを明確にした上で、ポジティブな転職理由を伝えられるといいでしょう。

公務員の色が付いていないことをアピールする

公務員出身の方が民間企業の選考を受ける際、「公務員の色がついていないか」を見られることがあります。実際に、「公務員出身ということは安定志向ですよね、うちはベンチャーなので合わないです」という理由でお見送りになってしまう方もいらっしゃいます。

面接や書類では「スピード感」や「成果への執着心」、「柔軟さ」などをアピールすると、面接官にも好印象を持ってもらえるでしょう。

あなたが民間企業を志望する理由は、「憧れ」だけではないか?

shutterstock_228809887
民間企業への転職を視野に入れている方に考えて欲しいのは、「民間企業に対して過度な期待を抱いていないか」ということ。民間企業に入れば、企業全体で目標に向かって一丸となり、前向きにバリバリと仕事に取り組める、といった認識が正しいかどうか一度冷静に考えてみてください。

民間企業の中にも働かない人、仕事のできない人は少なからずいますし、コネ入社もあるかもしれません。また民間企業に入っても、やりたくない仕事をやらざるを得ない時があります。民間企業だからできる、あるいは公務員だからできないという認識は必ずしも正しくありません。

ですので、「今の職場ではあなたがやりたいことを本当にできないのか?」ということを考えてみてください。もしかしたらあなたの考え方や行動を変える事でできるようになるかもしれません。転職をせず現状の仕事で働き方を変えることも、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

以上、公務員から民間企業への転職のポイントをまとめてみました。ちなみに、今回は分かりやすくするために「民間企業」という言葉を使用しましたが、実際の面接では好まれないので注意してくださいね。

公務員はなりたいと思っていても簡単になれるものではありません。あなたのポストに立ちたいと思っている方もたくさんいます。やりがいが見つけられないということは確かに転職の理由としても多いですが、それは単に働いて間もないからであるかもしれません。

現職に留まるにしろ、転職するにしろ、しっかりと考えて悔いのない選択をしてくださいね。

こちらの記事も参考にして下さい。
既卒や第二新卒の就活における面接:「暗い」という理由でお見送り!?

【参考URL】
公務員からの転職
公務員や刑事の転職が不利な理由

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yuka Miyota

栃木県出身。元既卒。大学卒業後UZUZに登録し、副社長・岡本とのキャリアカウンセリング翌日に、UZUZ5人目の社員として入社。キャリアカウンセラー業務を経て、現在はカスタマーサポート/広報/人事アシスタントを担当。既卒・第二新卒の方に活躍の場を与えるべく、日々奮闘中。