第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

企業のHPを見ていると色んなシステムを作っていたりしますよね。説明を見てもよくわからないな・・・って時ありませんか?この記事では、システムの一種であるCRMシステムについて紹介します。

CRMとは?

concept of woman and question mark drawn in chalk on blackboard

concept of woman and question mark drawn in chalk on blackboard

CRMとは顧客管理をするシステムのことです。CRMは「Customer Relationship Management」の略です。顧客管理システムって何かというと、顧客が持ってるニーズってそれぞれ違うので、すべての顧客に同じ対応をしていても満足してもらえないじゃないですか。

CMSを使うことで、顧客の人物像を記憶したり、行動履歴をつけていくことで、顧客がどんな人なのかを分析していけるシステムなんですね。

CRMの成り立ち

th_imasia_1509178_M

今までは、台帳に書き込んで顧客情報を管理したり、書き込むこともなくその人の頭の中で記憶されているだけの属人的なものでした。

この状況を一変させたのがITシステムの登場です。ITシステムの登場によって今までアナログだった顧客管理がweb上で管理できるようになりました。これをきっかけに顧客を重視したビジネスに移行していき、CRMという言葉も誕生しました。

CRMを導入するメリット

imasia_14528828_S のコピー

CRMを導入するメリットは、利益を効率的にあげられることです。顧客情報を可視化したり、分析したりすることで、顧客の理解が深まり、最適な提案ができるんですね。

例えば、「Aという商品を買った人はBという商品も買う傾向にある」ということが分析の結果わかった場合、Aを買ってくれた顧客には必ずBを提案しようとなりますよね。今まで感覚に頼っていた部分を可視化できることで、利益を効率的にあげられるようになるのです。

CRMの活用法

th_imasia_14994734_S

CRMはどんな会社でも利用する可能性があります。法人を相手にする企業でも、一般消費者を相手にするサービス業なども対象となります。では、CRMはどのように活用出来るのでしょうか?

1、情報共有
顧客情報と一口に言っても、CRMでは非常に詳細な情報を管理できます。例えば、会社名、部署名、担当者名(キーマン)などの定量情報をはじめ、購買目的、志向やニーズなどの定性情報を含めて顧客属性として管理します。

また、購入した製品・サービス、取引数量・金額などの購買実績、頻度や予算、次期購入見込みなどの拡大余地に関する情報も登録しておきます。CRMの活用は、これらのすべての情報を蓄積し、社内で共有することから始めます。

2、既存顧客を優良顧客に
CRMのメリットを比較的早期に得るには、まずは既存顧客に適用するところから始めるとよいでしょう。既存顧客の情報を分析してニーズに合致した製品・サービスを個別に提供し、顧客満足度を高めて優良顧客を増やしていくのです。

既存顧客が優良顧客に育ち、自社の製品・サービスを継続的に購入してもらえれば、ある程度の売上・利益を確保できます。既存顧客を対象にすることは、経費削減にも寄与します。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yurika Yokoyama
Yurika Yokoyama

神奈川県出身。元第二新卒。青山学院大学卒業後はベンチャー企業に入社し、業務未経験ながらマーケティング部で働くも1年で退職。その後、就活に悩む方をサポートすべくUZUZに入社。現在は法人営業とキャリアカウンセリングを担当し、求職者のサポートを行っている。