第二新卒向け面接対策・ノウハウ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

そろそろ恒例となってきました【第二新卒・既卒の面接対策シリーズ】です。
第二新卒・既卒の面接対策:結果を左右する?重要な逆質問攻略法
第二新卒・既卒の面接対策:志望動機をどう伝えるか

さて今回は就職活動の最難関の最終面接についてです。1次面接・2次面接は通過するけど、最終面接でお見送りになることが多い方もいるのではないでしょうか。

それはそのはず!1次面接・2次面接と最終面接では実は見ているポイントが異なります。今回は最終面接の重要なポイントを紹介します。

志望動機&自己PRを充実させる!

uzuz_shutterstock_243031678
最終面接で聞かれる項目は基本的に1次面接・2面接と変わりません。同じような質問をまた答える必要があります。

志望動機と自己PRは面接聞かれる鉄板の質問ですよね。この質問に対しての回答のポイントは3つです。

    • 1次選考・2次選考で答えた内容と同じ内容を伝える。

→面接全体の一貫性を保つ為

    • より詳細を伝え、相手が理解出来る内容を用意する。

→面接官が詳細まで納得出来る必要がある為(疑問を感じさせない)

    • 深堀された時に対応出来るように回答イメージを持つ。

→1次選考・2次選考より深堀されるのは確実です。

より深く志望動機と自己PRを述べることが求められるので、なぜなぜを繰り返して自分の答えを
深堀しておきましょう。

企業への熱意をアピールする!

uzuz_shutterstock_325898924
最終選考まで進んだ時点で人物面やスキル面は概ね高評価されています。面接官は何を気にしているのかというと、『企業への熱意』です。

  • なぜその業界なのか?
  • なぜその会社なのか?
  • 入社後に何をやりたいのか?

以上の質問を答える事が出来る状態にしておきましょう。相手が納得出来る回答が必要です。特になぜこの会社でないとダメなのかは入りたい意欲をストレートに伝える事が出来ます。

そのうえで「御社が第一志望です」としっかり伝えましょう。あくまで形式上である部分もありますが、代表や役員の方の時間まで取っておきながら、入社意欲が低い方に企業は内定を出しません。

どのくらいその会社に入りたいかをしっかり伝える事が出来るかが採否の分かれ道になります。

好印象を与えるかが合否の分かれ道

uzuz_shutterstock_394075090
最終面接では、第一印象が特に重要になります。もちろん細かい部分もチェックはされますが、最終の面接官は様々な経験をされている方になるので、自分の直感を意識しがちです。その直感に刺さるモノが無ければ、内定を獲得する事は出来ません。

爽やかさや先ほども述べた熱量などが好印象を残す為には重要です。もちろん見た目や服装なども注意が必要です。特に営業職だと、会社の代表として企業に訪問することになりますしね。

最終選考に残っている時点であなたは会社から高い評価を受けています。後は最後の一押しです。最終にして最大の難関である最終面接を乗り超えて内定を勝ち取りましょう!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。