就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

じめじめした梅雨が明けてやったー!これで湿気とはさよなら!

夏だ!山だ!海だ!!!
と喜びたいところですが、梅雨明けの気温が上昇する今の時期!そして8月の日中、気をつけなければいけないのが熱中症です。
既に梅雨明け後の1週間の間で6000人以上の方が熱中症で病院に運ばれているぐらいです!

僕も先日、クーラーをつけた部屋で涼しく昼寝をしているはずが窓から差し込む直射日光で、気がつけば酷い脱水症状と高熱に見舞われ気がつけば死にかけていました!

猛暑が続く8月でも就職活動中でスーツを着る事もあるかと思います!
水着を着ずにスーツで頑張る人達が熱中症にならないように、今回は熱中症についての記事を書かせてもらいます!

熱中症の種類とメカニズム

柔軟×男性

 

まずは何故熱中症になるのかお教えします!
人間の体温は身体の中で熱を作り、体温が上がりすぎると身体の外に熱を逃がす事で36~37℃に保たれています。
運動すると筋肉が活発に働き、多くの熱が作られ体温は上昇します。
また運動しなくても暑いところにいたり、日光に当たると体温はぐんぐん上昇します!

そこで起こるのがこの4つの熱中症です!
①熱失神
身体の外に熱を逃がそうとする皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こる、めまい・立ちくらみ、一時的な失神。

②熱けいれん
大量に汗をかき、筋肉の収縮を調節する役割のある塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に起こる、手足のつり、筋肉痛。

③熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかず身体が脱水状態になった時に起こる、全身の倦怠感・頭痛・嘔吐。

④熱射病

体温の上昇に体温調節が追いつかず脳に影響が及び起こる、意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)・ふらつき。

症状が出た場合の処置

imasia_13179459_M

4つの症状に共通する応急処置

①まずは涼しい場所に避難!
風通しの良い日陰、クーラーの効いた室内!涼しければどこでもいいです!

②そして水分補給!

出来ればただの水では無く、塩分も含むスポーツ飲料などが好ましいです。
③足を高くし寝かせるのが効果あり!

もはや嘔吐して水分補給が出来ない、意識障害が起こっている!!!
そんな時はただちに救急車の要請を!!!
いかに早く体温を下げられるかが大事になります。
救急車が到着するまでの間に全身に水をかけ、濡れタオルで身体を冷やします。
首筋、脇の下、大腿部の付け根などの大きい血管を冷やすのも効果的です!

そんな事になる前に!
就職活動や営業活動をするときは、小まめな水分補給と休憩心がけてください!

僕も暑い中スーツを着て営業に向かっています!
ガンガン汗をかいてガンガン水分を補給しています。
皆さんも暑さに負けず健康的な就職活動で夏を乗り切ってくださいね!

 

 

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Takashi Kawahara
Takashi Kawahara

大阪府出身の元第二新卒。関西大学卒業後、東京のベンチャー企業に就職するも1ヶ月半で退職。フリーターを経て大手人材サービス会社に入社し、求人広告の営業マンとして働く。その後、縁あってUZUZに入社。現在は、既卒・第二新卒を対象としたキャリアカウンセリングを主に担当。