就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

20代はキャリアもさることながら将来設計というものに悩む年頃かと思います。将来設計で大切なものといえば仕事、家族、そして貯金です。この仕事、家族、貯金はそれぞれに影響があります。クレヨンしんちゃんの野原ひろしは霞が関にオフィスを構える中堅の商社の係長で、35歳にしてマイホームをローンで買う出世街道まっしぐらのエリート社員!それなのに家では安月給と呼ばれ、大人になって見てみるとひろし可哀そうだなと感じる今日この頃。自身もしっかりと将来設計をしなければ!ということで今回は貯金について調べてみました。

なんの為に貯金するの?

大学を卒業して就職、就職して間もない頃からしっかりと貯蓄し始める方は珍しいのではないでしょうか?私は新卒で入社した会社をすぐ辞めた事を過去に記事で書きましたが、私の場合は新卒で入社した会社の給与が良かったことと使う時間がなかったのでたった2ヵ月半ではありましたが、かなりの金額を貯めることができました。

しかしながら、その後転職した会社ではほぼほぼ貯金することができませんでした。今でもあまりできていないのですが、最近はちょっと意識し始めております。では、私も含め20代の若者がどのようなことがきっかけで貯金を始めるのか調べてみましょう。具体的なリサーチ結果がないので、ネットで拾い集めた情報を公開します。

■結婚費用の為
■車を購入する為
■マイホームの為
■失業した時の保険として
■将来起業する時の為
■老後の資金が不安だから

上記のような事がきっかけで貯金を始める人が多いようです。20代前半はあまり意識する事ではないかもしれませんが、20代後半になると考え始めます。貯金は家庭を築こうと考えているのであれば、一年でも早く始めるべきではないでしょうか。私は20代後半になって初めて意識するようになったのであまり人の事は言えませんが。。。では、実際どれぐらいの人がいくら貯金しているのでしょうか?

20代の平均貯蓄額

年収300万円未満の会社員 101万円(中央値0万円)
年収300万円以上500万円未満の会社員 平均約273万円(中央値183万円)
※金融広報中央委員会の平成26年家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]による

意外と高い!やばい!と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。一部のブルジョア勢にこの平均値は引き上げられております。上述の平均値の隣に中央値と記載がありますが、中央値は集計データのちょうど真ん中にあるデータを抽出したものになります。例えば、5人の貯金額を集計したとします。Aさんは100万円、Bさんは0円、Cさんは1000万円、Dさんは10万円、Eさんは50万円だとすると平均は232万ですが、中央値はEさんの値である50万円になるのです。5人のデータを金額順に並べた時の真ん中にいる人の金額が中央値なのです。平均値とこの中央値が離れていると、一部の極端なデータを持つ人に平均値が大きな影響を与えている事になります。

ということで、まだ貯金がない!という方もご安心ください。ただ、貯金は一気にできるわけではなく、コツコツやることが大切です。では、毎月の貯蓄額について解説します。

毎月どれぐらい貯蓄するのが妥当なの?

shutterstock_367090025

■11万円以上 10.7%
■6~10万円 23.0%
■2~5万円 37.0%
■1万円以下 10.3%
■貯金していない 9.3%
■わからない 9.7%
※マイナビの平成26年の20台若手社会人に聞いたお財布事情による

11万円以上貯金している人が10.7%もいることに驚きましたが、65%強が6万円未満だということに安心しました。中にはわからないとの回答も。どうなっているんでしょうか。通帳とかも記帳してないんですかね。貯金は無理せずコツコツとやっていくことが大切なので、月1万円からでも問題ないのでじっくりと貯金していきましょう!

貯金?いやいや!口座に入った瞬間に使ってしまう!という方は給与振込口座と貯金用口座を分けて、会社に貯金用の口座に○万円、給与振込口座に残りの金額全部入れてね!とお願いしたら手配してくれるはずです。会社にダメ!と言われた場合、預金口座を持つ銀行で普通預金から自動で毎月定期預金に定額の金額が移動するよう設定することもできるので、そのような仕組を使い無理やり貯金をできるようにしてみましょう!

今の収入に満足できていないあなたは以下のリンクをチェック!

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

20代の給与・仕事に関連する記事はコチラ

意外と低い?20代前半の平均年収は男女共に200万円台!東京は?
在籍年数で大幅に変わる20代のボーナス!驚きの平均支給額
迷える20代に捧ぐ!自分にピッタリの求人を見つける方法

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Yoshiki Habara
経営企画
沖縄県出身、神戸育ち。元第二新卒。高校、大学で計2年間アメリカに留学し、会計学を学ぶ。新卒で入社した大企業をわずか3ヵ月で退職した後、紆余曲折ありUZUZに入社。入社後、幅広い管理業務を兼任し、現在は会計の知識を活かして経営企画業務に従事。