就活体験談をよむ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

「私人間が苦手なんですよ…」

そんなネガティブな発言をする今回の内定者。「就職大丈夫かな!?」と思いきや、地方から出てきて受けた面接の1社目で内定を獲得しました。コミュニケーションに苦手意識を持っている方でしたが、真面目さや実直さが評価されての内定です!

今回の内定者プロフィール

名前:Sさん
年齢:22歳
学歴:コンピュータ系の専門学校を卒業。デザイン系の仕事につきたくて就職活動を行っていたが、なかなか難しく既卒に

22歳既卒・Sさんとの出会い


Yさんと会ったとき「口数が少ない方だな」という第一印象を持ちました。「働かなくてはいけない」という認識は持っているものの、夢・やりがい・働く楽しさなどはほとんど話されない方でした。

求人の条件に関しての質問に必要最低限の回答をするだけで、「どうやったら会話が盛り上がるかな…」と考えながらお話したのを覚えています。アルバイトもあまりしたことがなく、初対面の人間と話すのが苦手なようでした。

面接ではしっかりと面接官の質問の意図を読み、その上で自分をアピールすることが必要になってきます。Yさんはその部分が苦手でした。人に対してコンプレックスがあり、どうしてもぶっきらぼうで誤解されがちなコミュニケーションを取ってしまっていました。

ですので「もしかしたら就職活動は苦労するかもしれないな」と思っていたところ、なんとSさんは1社目で内定を獲得したのです。

既卒Sさんの評価ポイントとは


Sさんの評価ポイントは以下のようなものでした。

  • 真面目で実直
  • 真摯に物事と向き合う
  • 自分の苦手分野をきちんと理解していて、改善のために努力している

「これらは、確かに内定につながる良い素質だなぁ」と納得しました。Sさんのエピソードを一つひとつ見ていきましょう。

内定に繋がる秘策その1:真面目で実直

Sさんの実直さはメールのやりとりに現れていました。なんと言っても期日をきちんと守るのです。企業様に出す書類として、何度か修正をしてもらったのですが、その度に指摘したことをきちんと直してすぐに返信してくれました。すごく丁寧な仕事をするなあと感心しました!

内定に繋がる秘策その2:真摯に物事と向き合う姿勢

Sさんは面接対策を数多く繰り返しました。不慣れな分上手く自分を伝えられず、傷心してしまうことも何度かありました。面接官としてアドバイスや指摘を行うのですが、回数が多くなると「イライラしないかな、傷ついてしまわないかな…」とこちらが不安になることもありました。

しかし、落ち込みふさぎ込んだような表情をしながらも、口から出てきた言葉は「できないところは直します」でした。人の指摘を真摯に受け入れる前向きなSさん。非常に素直な方だなと感じました。

内定に繋がる秘策その3:自分の苦手分野理解と、改善行動

Sさんは自分でも言うくらいに人とのコミュニケーションが苦手でした。話すと早口になってしまいますし、「どうせ分かってもらえないなら話さない方がいいかな…」と考えてしまっていたようです。そのため必要以上に他人とは接触しないようにしている方でした。

しかしSさんは「働く以上そこは改善しないといけない」と考えていたようで、就職活動を行いながらコールセンターでのアルバイトを開始したのです。そこで相手に気を遣った丁寧な言葉の使い方や、会話の間のタイミングなどを覚えていき、「人と話すのが苦手」というコンプレックスが少しずつ克服していきました。

こういった行動に出たことに、私自身非常に関心しました。そしてその行動を面接でアピールすることもできたのです。Sさんの面接での実際の評価は以下のようなものでした。

  • 前向きで向上心が高い
  • ひとつひとつ丁寧に話す姿から誠実な人柄を感じる
  • 独学で勉強し、苦手を克服するためにコールセンターでアルバイトをするなど、何事も経験として積み上げようとする謙虚な姿勢を持っている

この評価に私は嬉しくなりました。「メラビアンの法則」によると面接での印象は、話の内容(=言語情報からの印象)は全体の7%しか残らないらしいです。緊張し声が小さくなりながらもしっかりと話したSさんを、面接官はしっかりと評価してくれたのです。

既卒で内定を獲得したSさんのケースから学ぶこと


Sさんのケースからは、基本をしっかり行うことの大切さを再認識させられました。「会話が上手でノリがとても良い」「第一印象がバッチリ」などはその場での印象を左右する大切なものだと思います。また今までなにか打ち込んだ経験がある、誇れる実績があるなどもその人の判断材料になることは事実です。

しかし、例えそんな武器を持っていなかったとしても、あいさつやお礼をしっかりする、納期は必ず守る、返事はすぐにする、相手の言葉をたとえ耳が痛くても素直に受け入れる、自分の弱みとしっかり向きあう…そんな基本的なことをしっかり行うことが大切です。

基本のコミュニケーションを真摯にやっている人に嫌な感情を抱く人はいませんよね。私自身本当に学ばされることが多いサポートとなりました。Sさん、ありがとうございました!

UZUZのサービス一覧

Sさんのように既卒として就職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。理系に特化した求人情報も豊富にあるので、気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

既卒・フリーター・第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Saki Nagasawa

埼玉県出身で五人兄弟の長女。元既卒。新卒時代、新聞記者を目指し就職活動を行うも見事に失敗。その後、ビジネスモデルや理念に共感しUZUZに入社。主にキャリアカウンセリングと営業を担当。日々、就業者の悩みや企業の人事担当の課題に耳を傾け、双方に価値提供できるよう尽力している。