就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

新卒時代に就職活動を行い意気揚々と社会人生活をスタートさせたものの、様々な理由からキャリアをストップした方がUZUZへ転職相談にいらっしゃいます。今回は現役のキャリアカウンセラーが短期離職のメリット・デメリットの紹介や、短期離職した方の転職活動のポイントを紹介します。

第二新卒者は“短期離職”をしてもいいのか?


大前提として、短期離職はあまりおすすめできません。可能であれば1年間は働いたほうがいいと思います。なぜなら、1年働かないと仕事の流れが把握できないからです。1年経ってやっと、繁忙期、閑散期、ビジネスマナーなど働くことの基礎が身に付きます。

この1年を経験しているかしていないのかは、大きな違いになります。第二新卒の採用を検討している会社でも応募者の職歴に1年以上を求める場合が多いです。そのため、1年以内の短期離職は転職活動の際に受けられる企業数が少なくなるかもしれません。

“短期離職になっても退職したほうがいい”場合もある

では第二新卒者は短期離職をしてはいけないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。中には“短期離職になったとしても、退職したほうがいい”場合もあります。その“場合”というのは、少しでも体調に不安を感じたときです。

多くの方は「精神的(もしくは肉体的)に辛いけど頑張らないといけない」と自分を追い込みがちですが、体調を完全に崩してしまってからの退職だと、回復までに長い時間を要します。転職活動では空白期間が長くなればなるほど書類選考は通過しにくくなりますし、面接でも「その期間は何をしていたのか」を追及されます。

転職活動で不利な状態にならないためにも、自分の体調に限界を感じている方は、手遅れになる前に退職することをおすすめします。

基本的には「1年間は仕事を続ける、体調面に不安を感じたら退職する」と覚えておくと良いでしょう。ただし度を過ぎたブラック企業であれば早期に退職しても構いません。「2ヶ月間休みが無かった」「上司に暴力を振るわれた」「詐欺まがいの仕事を任せられた」など、非常識な経験をした場合はすぐに辞めてください。

ただ、「やりたいことと違った」という理由以外は、職場環境に問題がないのであれば1年でも就業を継続したほうがいいでしょう。

短期離職のメリット・デメリット


短期離職のメリットは、正直多くはありません。強いて挙げるならば、早く次の職につけることでしょう。長い間同じ企業で働いていると、仕事のやり方も“その企業のやり方”になるので、転職後新しい仕事を覚えるのに苦労する可能性があります。早い段階で転職すれば、まだ前企業に染まっていない状態で次の仕事に取り組むことが可能です。

一方、短期離職のデメリットはとても多いです。主に以下の点が挙げられます。

  • 十分な社会人マナーが身についていない
  • 一通りの業務を経験できていない
  • 応募できる求人が少ない
  • 面接の際に印象が悪い(ストレス耐性がない、甘い人だと思われる)

厳しいようですが、“短期離職”というだけで就職活動はマイナスからのスタートになってしまいます。

短期離職をした第二新卒が就活を成功させるコツ


ここまで書くと「数ヶ月で辞めた場合は、次の就職に困るんじゃないの?」と心配される方も多くいらっしゃると思います。ただ、UZUZに登録してくださった短期離職者の方の中には、新たな職場で活躍されている方もたくさんいらっしゃいます。

短期離職した第二新卒の方が転職活動を成功させるには、第二新卒の採用に積極的な会社を中心に受けることをおすすめします

中には新卒に混じって就職活動をしている方がいるかもしれません。しかしその場合ですと、内定の獲得が難しいのが現状です。第二新卒者でも新卒枠に応募することはできますが、あくまでも採用の中心は新卒者です。書類選考から苦戦してしまう可能性が高いでしょう。いわば、第二新卒者にとっては「コストパフォーマンスが低い就職活動」と言えます。

面接では経歴の“伝え方”に注意

また、短期離職に対する伝え方も重要です。まずはしっかりと反省をしていることを伝えましょう!

企業は、どんな理由であれ過去の失敗を他責にせず、そこからの学びを次に活かせる人材を採用したいと思っています。ですので「短期で離職してしまった原因の一部は自分にもある」と伝えることで、企業側に好印象を与えることができます。自分の甘さや失敗を面接官に話した上で、短期離職で学んだことを伝えることが、就活を成功させるポイントです。

また面接の際は、長期的に働く意志が強いこともしっかりと伝えましょう。

UZUZのサービス一覧

短期離職後に転職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

第二新卒の転職活動なら第二新卒ナビ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。