業界解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

日本を代表する業界の一つで、就活性にトップクラスの人気を誇る「商社」。ダイナミックかつグローバルに働ける商社に、一度は憧れたことがある方も多いはず。でも、イメージが先行して「実際の仕事はよく分からない!」なんて方はいませんか?この記事では、商社になんとなく興味がある方に、具体的に商社を理解していただくために書きました。ぜひご覧下さい!

商社とは

imasia_15542485_S

商社とは食品や石油、鉄鋼製品、化学品原料など、世の中の様々なものを取引する会社です。広範囲に及ぶ分野のものを扱う商社は「総合商社」と呼ばれ、特定の分野を扱っている商社を「専門商社」と言います。

総合商社は下記の大手7社が有名です。
三菱商事/伊藤忠商事/丸紅/三井物産/住友商事/豊田通商/双日

総合商社は「ラーメンから航空機まで」と言われるように取り扱う分野が非常に広く、日本独自の形態と言われています。ですので、海外でも「Sogo shosha」と呼ばれているのです。ちなみに、「ラーメンから航空機まで」というキャッチフレーズは三菱商事が以前使っていたフレーズです。

商社の仕事

imasia_12665141_S

商社の仕事は大きく分けると「トレード」と「事業投資」に分ける事ができます。「トレード」とは、輸出入ビジネスのことです。食品や石油、鉄鋼製品など世の中の様々なものを世界中の企業と取引しています。生産者から原材料を仕入れ、ニーズのあるメーカーへ提供するのが商社の役割です。

メーカーにとって、なるべく安く、在庫リスクを減らして良い原材料を調達することは最も重要な課題です。そこで、専門知識やノウハウのある商社がメーカーに代わり、原材料を仕入れて提供しているのです。

従来の商社は「トレード」事業が中心でしたが、徐々に縮小傾向になっていきます。なぜなら、メーカーのグローバル化や情報化によって取引先の情報を得やすくなっていったために、商社を介して原材料を仕入れる必要がなくなっていたためです。そういう中で商社は、自らが事業を立ち上げたり、企業へ資本・経営参画する「事業投資」のウェイトを増やすようになっていきます。

「事業投資」のビジネスモデルは、商社が資源開発などを行う会社に投資をして事業経営に参画し、その会社の事業を大きく育てながら利益を得るというものです。「事業投資」では、商社はただ資金的な支援を行うだけではありません。原材料を供給したり、製品を販売するなど、商社ならではの強みを生かした事業展開を行っています。

おわりに

いかがでしたか?この記事を読んで少しでも商社の仕事について理解が深まったようでしたら、何よりです!次回は商社の勤務体系について書きたいと思います。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Yurika Yokoyama
Yurika Yokoyama

神奈川県出身。元第二新卒。青山学院大学卒業後はベンチャー企業に入社し、業務未経験ながらマーケティング部で働くも1年で退職。その後、就活に悩む方をサポートすべくUZUZに入社。現在は法人営業とキャリアカウンセリングを担当し、求職者のサポートを行っている。