第二新卒・既卒の就活箸休め

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

本日は面接で落ちる人たちの理由を紹介していきます。
それを参考にすれば、「幾つかは人の振り見て我が振り直せ」ができますよね。

「人は見た目が9割」と言いますので、面接では印象もかなり大切です。

ですので「なんとなく」落とされる方もいます。しかしながら、それでは対策の仕様があまりにもなくてどうしようもありません。
見た目もきっちりしていて、ハキハキとしゃべって、面接官とも話がスムーズに進んでいたはずなのに落ちる人もいます。

ではどういった所で落とされるのか?

正直落とされる理由はそんなに多くないです。
一番多いのがおそらく「なんとなく」です。ただそれではあまりにも参考にならないので、幾つか共通している理由をご紹介致します。

①自分の考えの甘さをきちんと反省できていない

th_imasia_15290965_M

既卒/第二新卒の方はまず既卒になった理由や早期退職の理由を聞かれます。
そこで会社の悪口や人間関係で辞めました、など他責にすると受かる確率はほぼ0に近くなります。
自分がなぜ長く続かなかったのか?についてきちんとご自身の甘さや認識のズレがあったことを反省してください。
企業側はあなたに長期的に働いて欲しいと思っています。
ですので、あなたにとって長期的に働ける「働き方」についてきちんと考える必要があります。
そしてその答えについて今まできちんと考えてこなかった自分がいた、という事実を話しましょう。
だから長期的に働けずにいました。その言葉があるのとないのとでは、大分印象が変わってきます。

既卒/二卒の方は、就活の入り口で違うドアを開けてしまって迷路に入っている方が多いです。
しかしきちんと自分の行く道のドアを見つけれる方はなかなか居ません。
誰も教えてくれませんからね、仕方ないです。

しかし「仕方ない」だけで済まされないのが就活です。
ですので、そこに矛盾や憤りを感じる方もいるかもしれません。
「誰も教えてくれなかった」「どれが正解か分からなかった。」
その答えでは「あぁそうだったんですね。それは大変でしたね。」とならないのは分かりますよね。

「長く働ける働き方を自分で探していなかった」ことに先ず反省してください。

 

②本音が見えてこない

「受けさせられている。」
「教科書を覚えてきたように自分の言葉でしゃべっていない」
確かに、私たちは受ける企業に合わせて面接の対策を行います。
それも受ける人によって動機や話すエピソードも違うので一緒に1から作っていきます。
でもそれをそのまま話すのはやはり気持ちが伝わってきませんよね。

人に告白するとき、わざわざ事前に全部覚えて一言一句間違えないように言いませんよね?
「好きです」ということを伝えることがメインになるので、その理由を少し話すぐらいだと思います。

面接も同じです。
ただ告白と違うのは、比較的理路整然とさせなければいけません。
私たちが行なっている対策はその理路整然のところです。ご自身で「なぜここの企業を受けているのか?」について
考えて頂かない限り、受けさせられている感覚は面接官にはすぐバレます。

そこを覚えていて欲しいです。

 

③その他(細かい理由:我が強すぎるや身だしなみが雑など)

他の理由で落とされるのは正直「印象」の部分が大きいですね。
「素直さ」や「人の話に耳を傾ける」素養が欲しいと事前に言われている企業を受けて、
面接の際にワガママエピソードを話すと落とされます。

IT企業という精密機器を扱う業界を受けるのに、カバンの中がグチャグチャであったりすると
「この人に任せて大丈夫かな?」と思ってしまうのは普通ですよね。

まとめ

th_imasia_15584662_M
落ちる理由は意外と少なく、共通しています。
つまり、意外と意識しなければいけないポイントは少ないということです。

常識という言葉は正直、人それぞれ違うので使いたくないのですが、
あえてここで仕様するならば態度や姿勢は「受ける企業の常識」に合わす必要があります。

その常識は私たちが知っていますので、どんどん質問ください。

自分を知ることもさながら、相手を知ろうとする姿勢も就活のはじめの一歩です。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Shingo Nakamura

愛知県出身の元第二新卒。米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて生物学を専攻。大学を卒業後、ラーメン屋、インド現地の旅行会社などを経てUZUZに入社。UZUZではキャリアカウンセラーと「ウズウズカレッジ・営業コース」の管理/運営を担当。