第二新卒・既卒のための業界研究
imasia_11872784_S

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートはLINE@でお気軽相談

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートの相談はウズウズLINE@

前回のブログでは、個人の経験をふまえてWebマーケティング職は未経験でやるより、営業など経験を積んでからの方が良いのではというお話をしました。ただ、未経験からも採用しているところは実際にあります。
今回は未経験からWebマーケティング職に就くためのキャリアパスや、Webマーケティングに向いている人の特徴を紹介したいと思います。

未経験からのキャリアパスとは

fountain pen writing achieve over document

制作会社や代理店などでは、未経験でも募集している場合があります。まずは効果分析などのサポート業務からはじめて、徐々に仕事を任せてもらうような感じです。ただ未経験でも募集しているとはいえ、Webマーケティング職としての適性があるかどうかは面接などでチェックされるので準備は必要になるでしょう。

Webマーケティング職に求められる素養
では、Webマーケティング職としての適性がある人とはどのような人でしょうか?最低限あったほうが良いかなと思う素養を3つあげてみます。

1、Webマーケティングや業界に関する関心
これはどんな職種・業界でもあてはまることですが、Webマーケティングや業界に関する関心は必須だと思います。IT業界は変化が激しい業界ですし、新しいサービスが日々生まれています。そういった変化を楽しめる方や、進んで情報収集をしたい方でないと、続けるのは辛いのではないかと思います。Webマーケティングの情報が得られるサイトを紹介します。

1)Web担当者フォーラム (http://web-tan.forum.impressrd.jp/)
Web担当者・制作者向けの総合情報メディアです。制作・集客・リサーチ等、Webに関係するあらゆるカテゴリを網羅しています。

2)MarkeZine(http://markezine.jp/
Webの広告・マーケティング関連情報を発信するマーケター向けメディアです。広告周りの最新情報を得たい方におすすめです。

3)バズ部(http://bazubu.com/
コンテンツマーケティングを得意とするWeb制作会社が運営するマーケティングメディアです。実績も多数出しており、実業務で培ったコンテンツマーケティングノウハウを中心に配信しています。

2、数字へのアレルギーがない
Webマーケティングの場合、お客さんはパソコンの向こう側にいるので、どんな顔でどんな表情で見ているかはわかりません。また、リアルタイムで何人が見ているかも確認できません。どんな人がどのページをどれだけ見ているかは数字としてしか見ることができないので、数字へのアレルギーがないことは前提として必要かなと思います。また、数字の些細な変化からユーザーの変化を読み取れる想像力もあった方が良いと思います。

3、論理的な思考
これは2とも重複する部分がありますが、数字を分析してユーザーの気持ちや変化を読み取るため、論理的な思考ができる・もしくは好きな方のほうが良いと思います。というのも目の前にユーザーがいれば、話しているときの表情や言葉で気持ちなどを読み取って、感情的な判断をすることもできますが、数字相手なので何となくな判断は難しくなります。全てが数字現れるので感情論を抜きにして論理的に考えられる方でないと正確な分析は難しいように思います。

おわりに

いかがでしたか?最初からこの素養が全てある必要はないかもしれませんが、興味があるにはこしたことがないと思います。特にWebマーケティングや業界への興味は特に大事だと思いますし、仕事を始める前からできることだと思いますので、日常的にITに関するニュースをチェックしたりしてみると良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yurika Yokoyama
Yurika Yokoyama

神奈川県出身。元第二新卒。青山学院大学卒業後はベンチャー企業に入社し、業務未経験ながらマーケティング部で働くも1年で退職。その後、就活に悩む方をサポートすべくUZUZに入社。現在は法人営業とキャリアカウンセリングを担当し、求職者のサポートを行っている。