第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ
[adrotate banner="5"]

就職活動のなかで欠かせないもの、それは面接ですよね。ほとんど、いやむしろ全部?の企業の選考の中に必ずあると言っても間違いではないんでしょうか。そんな、就職活動で重要になる面接についてお話ししていきたいと思います。

 高校や大学の推薦入試やアルバイトなど、一度は経験された方が多数だと思います。そのたびに緊張して頭の中が真っ白になったり、こんな質問されるの!?とか、圧迫面接をされて自信を失くしたり面接の完璧な準備ってあるの?って思いますよね。

th_imasia_13916754_M
 
 話す内容の他にも部屋の入り方とか、座るタイミングとか、話し方、聞く姿勢だったり、いろんな事を考えていると結局、話す内容を忘れてしまったり。全然できなかった。。。っと思っているときに通過したり、今回はできた!っと思っても通過しなかったり、結局何が正解なの??って思いますよね?
 なので、ここでは面接のコツになる事をお話ししたいと思います。

▪面接で大事なことその1
【嘘はつかない!素直に自分の経験や考えを話す!】

th_imasia_10018949_M (1)

 面接って限られている時間の中でいかに自己アピールをできるか!!考えすぎちゃうと綺麗事を並べてしまったり、見栄を張ってしまったり、たまには少し話を盛ってしまったり。でも人事の人って今まで何百人、中には何千人も見てきているので、すぐに見破られてしまうんです。なので、嘘とか見栄なんてはらなくていいんです。ふつーに自分の事を話していけばいいのです。

▪面接で大事なことその2
【今までの自分のストーリーを振り返る】

th_imasia_12430540_M

いままでの人生で何もなかった人なんていないですよね?学生時代の受験、アルバイト、勉強、スポーツ、課外活動、友達関係、恋愛経験、海外旅行、留学などなど、人によって話せる事、内容はその人によって変わってくると思います。いかに、自分がいままで経験した事を理解して人に話せるようになるか。
 そこまでできたら次はその経験でなにを学んだかまで掘り下げて考えられるようにする。そうすれば後は面接のときに質問された事にたいして自分が経験した事の中でなにを話すか、その話をどう質問に繋げられるか瞬時に考えられればある程度の質問には答えられると思います。
 
 プラス、質問の回答の中に自分の経験を入れることで相手にわかりやすく、自分がどういう人間かを理解してもらいやすくなります。なので、就職活動における自己分析って大事なんです!自分の事を一番理解しているのは自分自身です。自己分析って聞くと複雑に考えてしまいがちですが、まずは自分のいままで経験した事をまとめてみるといいかもしれませんね。
 この二つのポイントを聞くと少しは面接に対してのマイナスのイメージが良くなるのではないでしょうか。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yuki Yanagida

上海生まれの日本育ち。元既卒。中国語を学ぶために国際教養学部に進学し、在学時には上海に1年間語学留学に行く。しかし、留学生活から現実に戻れずにそのまま卒業。現在は自身の既卒時代の就活経験を活かし、UZUZにてキャリアカウンセリングを担当。