職種解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

前回は新規営業やルート営業の違いなど営業のスタイルについてご紹介しました。新規営業とルート営業と聞いて、単純に聞けばルート営業の方が楽なのでは?簡単なのでは?と思いますよね。
私もそう思います!

でも、本当に営業を知っている人に言わせると、既存と新規の苦労は一緒だ!そうです。では、どんなところが違うのか。新規、既存の営業で苦労する点や良い点について、みていきたいと思います。

①新規営業

imasia_13177954_M
新規営業は飛び込みテレアポなどをして断られることも多いため(というか最初は断られることが仕事みたいなもの)まずはそれを乗り越えなければなりません。ルート営業と違い、新規営業は全くの知らない人で、しかもニーズがあるかどうかも分からない人に、話を聞いてもらわなければなりません。

会社に飛び込むなら、仕事中の忙しい時間を割かれる飛び込まれる側はいい気持ちがしないですし、個人の家に飛び込むにも、良くわからないような人にモノを売りつけられるために、時間を割いてあげるほど暇ではありません。
そんな人たちに時間を貰い、物を売りに行くのですから、話を聞いてもらえないことなんて日常茶飯事。酷いときには暴言を吐かれることだってあります・・・。
ですが、そんな辛さを乗り越え手にしたお客様は、自身の営業によって顧客自身が問題点に気づき、そのニーズが明らかになった場合が多いため、そのお客様を自分自身の力量次第で自社の商品でどんな問題解決の案を出せるし、その後の関係も自由に作っていけます!

②ルート営業

imasia_14128790_M
ルート営業は自身が開拓して既存になった顧客ならいいですが、他の人から引き継いで担当になった場合などは、以前の担当者と比べられたり、その比較された結果によって舐められた場合には、値切りをされることもあります。しかし、値切りは聞き始めると切りがないので同じ金額で顧客を繋ぎとめるだけのスキルが必要になります。また、長く関係を続けるための関係作りや、今以上の利益を出せるような提案もし続けなければなりません。でないと、顧客にも飽きられてしまい、最終的には競合に乗り換えられてしまうからです。
そんな風に関係作りがうまくいかず、今まで築いてきた顧客と関係が悪くなったり、ましてや契約打ち切りになった日にはもう最悪です
そうなった場合の自社に与える損害の大きさによっては、自分のデスクが無くなりかねません!
ですが、そんな大変な面もある一方で、既にある程度関係の築かれているので、新規のようにお客様から邪見に扱われることはありませんし、長く関係していく相手なので、顧客と仕事以上の絆のようなものを感じるタイミングも少なくないでしょう。自身の担当している分野で問題を抱えたら、顧客が相談してくれるような頼れる存在になったときには、新規では味わえないような喜びがあります。

戻る/次へ

営業の仕事がもっと知りたくなったらプロに相談だ!!

既卒で就職活動をしている方はこちら

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Miyuki Michihata
Miyuki Michihata

埼玉県出身。元既卒。海外に憧れ大学卒業後は世界一周の旅へ。帰国後、UZUZを利用したことをきっかけに入社し、現在はカスタマーサポートを担当。自分と同じような悩みを抱えた求職者の窓口として、日々登録者の方の相談を受けている。