職種解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

ケース3:不動産仲介営業マン

不動産屋さん 各自が自分のノルマ達成を目指して動く、個人住宅の売買仲介の営業の場合。 曜日によって仕事の内容が異なりますが、今回は仕事量が比較的少ない火曜日編です。 9時:出社 9時15分:ミーティング 朝礼やその日の予定を報告 9時30分:個人行動 確定した要件のない人はパソコンで物件情報を調べたり、雑務をすることが多い。 12時:昼食 13時:個人行動 主に外出して、業者訪問や物件調査、下見、など 物件案内 20時30分:日報作成 20時55分:ミーティング 明日の予定を確認し、それぞれの顧客のセールスに関する動きや数人の見込みを報告する。 21時:会社を出る 留守電・警備システムをセットし、会社を全員で出る。 個人行動には主に電話セールス、DM(ダイレクトメール)作成、訪問、物件調査、契約関係の打ち合わせ、銀行担当者との打ち合わせ、物件情報収集、顧客に紹介、メール対応、査定所の作成、業者連絡等を行います。会社によっては夜中までチラシをポストに投函することも・・・。 また、契約がある場合のタイムスケジュールはこんな感じです。 9時:出社 銀行のローンセンターに連絡して、お客さんから預かった事前審査の書類と物件資料をFAXで送る。 9時15分:ミーティング 9時30分:売主に連絡 価格交渉のため連絡を取る。 10時30分:物件の調査 役所や法務局出張所で事務的手続きを行う。 ??????????????? 12時:昼食 13時:続・物件調査 水道局やガス会社にて事務的手続き。 17時10分:社内にて契約関係の準備作業 契約書や書類を作成しつつ、疑問点や問題点があればそれを確認し解消する。銀行のローンセンターとのローン事前承認について回答し、そこまでの状況を買主に報告する。 20時30分:日報作成 20時55分:ミーティング 21時:会社を出る 個人向け仲介の場合、お客さんの休みに出勤する必要があるため、来客数の増える土日に向けて週の活動が決まることが多いです。なので、木曜日や金曜日はオープンハウスの準備をしたり、土日に物件を案内するためのアポを取ったりします。主に、水曜日が定休になることが多いです。 th_MIYAKO92_gakenokeiji20140727500 以上が3記事に渡り3パターンの営業マンの一日をご紹介いたしましたが、少しは営業のお仕事のイメージは湧きましたでしょうか。営業と一言で言っても働き方やタイムスケジュールは業種、会社や営業所によって千差万別です。ですので、一概には言えませんが、業種によって特色がありますので、だいたいは業種で働き方が似てくると認識していただいて良いと思います。

戻る/次へ

営業についてもっと知りたくなったら就活のプロに聞こう!

既卒で就職活動をしている方はこちら

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Miyuki Michihata
Miyuki Michihata

埼玉県出身。元既卒。海外に憧れ大学卒業後は世界一周の旅へ。帰国後、UZUZを利用したことをきっかけに入社し、現在はカスタマーサポートを担当。自分と同じような悩みを抱えた求職者の窓口として、日々登録者の方の相談を受けている。