第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ
[adrotate banner="3"]

「ブラック企業」という言葉が一般的になってきており、ブラック企業大賞などもYahoo!ニュースなどでも取り上げられています。
ただ本当にその企業がブラック企業なのかを確認する必要があると思います。

もちろん、労働基準法など法律に違反している場合は論外ではありますが、
なんでもかんでもブラック企業だ!っという風潮には違和感を感じることもあります。

ブラック企業はいつ生まれたのか

1074755_35829103

まずブラック企業とは?(Wikipediaより)

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義としては暴力団体などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。英語圏でのスウェットショップ(英: Sweatshop)や中国語圏での血汗工場(中: 血汗工廠)の問題とはまた異なり、ブラック企業問題の被害の対象は主に正社員である。将来設計が立たない賃金で私生活が崩壊するような長時間労働を強い、なおかつ若者を「使い捨て」るところに「ブラック」といわれるゆえんがある。 また近年ではブラックな働かせ方をアルバイトにさせるというブラックバイトという派生語が登場してきている。
ブラック企業は突如として現れたのではなく、日本型雇用が変容する過程で台頭してきた。従来の日本型雇用においては、単身赴任や長時間労働にみられる企業の強大な指揮命令が労働者に課される一方で、年功賃金や長期雇用、企業福祉が保障されてきた。しかし、ブラック企業では見かえりとしての長期雇用保障や手厚い企業福祉がないにもかかわらず指揮命令の強さが残っており、それによって若者の使いつぶすような働かせ方が可能となっている。 つまり、「強大な鞭とそれに見合った大きな飴」だった日本の労働から「飴」だけがなくなってしまった状態がブラック企業ということである。 企業側が指揮命令をする際になんのルールも課されない状態、すなわち「労使関係の喪失状態」にあることが問題なのである。

===========

これを見ると、ブラック企業の定義は非常に難しいと思います。
昔は鞭もあれば飴もあるという状況でしたが、今は鞭しかないような状況であるということが大きな要因であると思います。

「ブラック企業」という言葉自体はネット上で2005年頃から扱われるようになり、2010年頃から一般的にも使われるようになってきました。
ただブラック企業という言葉が生まれたのは時代背景による部分が多いと思います。
一昔前だとブラックと思われていなかったことが、今ではブラックと思われてしまいます。

もちろん働き方の変化やワーク・ライフ・バランスが推奨されている状況も大きいと思います。
またインターネットの発展も大きな要因です。
2ちゃんねるやTwitter、Facebookなどで各自の働き方が分かるようになったのも大きな要因です。

ブラック企業を避ける方法

maxresdefault

ブラック企業を避ける方法はどうすればいいでしょうか?
データ的に判断する場合は、離職率を見れば一番分かり易いと思います。
一般的に大卒3年以内の離職率は30%前後で推移しています。
平均して3人に1人が辞めていると考えると、結構辞めてますよね。
そこを1つの目安として、判断してみても良いと思います。

2015年卒からハロワーク掲載の大卒求人票に過去3年間の採用者数と離職者数の記入欄を設けています。
記入は強制にはなっていませんが、空欄のままだと公表出来ないほど離職率が高いと思われ、ブラック企業対策にも役立つと考えられています。

これは非常に参考にはなりますが、全部の仕事がハローワークに掲載されているわけではありませんし、あくまでデータでしかなく、実態とは異なる部分があると思います。

なぜならブラック企業だが、辞めたくても辞められない人が多く、離職者が少ない企業も多くあります。
そこで全てが判断出来るとは限りません。

また飲食業界の離職率は平均50%で、飲食業会を目指す人には、離職率40%前後の企業は、
離職率が低い企業だと判断出来ると思います。

業界によって離職率の値は変わっていくので、そこで判断するのであれば、
業界の離職率を把握する必要があります。

ではその他どこで判断すれば良いのか。

見分けるポイントは色々ありますが、個人的には、仕事内容をイメージ出来るか、
それが自分のやりたいこととリンク出来るか
を考えてみればいいと思います。

もちろん、法律違反している企業は言語道断だとは思いますが、
やっている仕事に納得出来ていれば、仕事にやりがいを感じられるとも思います。

このやりがいという部分が働く上では非常に重要なポイントになると思います。
やりがいを感じていれば、仕事に対して能動的に動いていけると思います。

自分が何がしたくて、どうなっていきたいのかを明確にすることが大事です。

今の自分に何が必要か

47500544

ブラック企業を推薦しているわけでもありませんし、法律を違反したり、
身体を壊すまで働くことは間違っていると断言します。

ただ自分自身人より成長したい、人より稼ぎたいと考えているのならば、それなりの努力が必要だと思います。

プロスポーツ選手の例で考えてみると、早朝練習・全体練習・夜間練習や休日返上の練習など、ほとんど休むことなく、練習に励んでいますよね。

一流選手は人一倍練習をしています。

多分、この話をしたら、それは自分が好きなことだからでしょ!と思われる方が多いと思います。

ただ自分の仕事でもそれを感じることが出来るとは思います。

自分の目標を持ち、その為にはどんな行動が必要なのか、結果を残す為に何が足りていないのかを考え、日々実践していくことが大事です。

改めて言いますが、法律違反や身体を壊すまで働くことは言語同断です!

ただ仕事は楽ではないので、全てをブラック企業だと言って逃げるのではなく、
自分の将来に向き合って考えることも大事だと思います。

目標をしっかりと見据えた上で、今の自分に何が必要かを考え、
目標に恥じない行動をすることが大事だと思います。

[adrotate banner="3"]

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。