第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

候補者の方が面接を受けた際、残念ながらお見送りとなってしまうケースがあります。理由は様々ですが、中にはこういった理由でお見送りになってしまうことも。

ズバリ「暗い」

「え、それだけ?」と思う方もいるかもしれませんが、実はここけっこう大事なところです。面接官は選考に来た方の表情を良く見ています。暗いということはそれだけでネガティブな印象を与えてしまいますが、それ以外にも暗く見えることでマイナスの影響を与えてしまうことがあるのです。

面接で暗い人は面接官にこう見られる

shutterstock_174741554
面接で暗い方は、面接官に以下のような印象を与えてしまうことがあります。

「うちの会社に入社する気あるのかな」と思われる

「目は口ほどにものを言う」とはまさにその通りで、話している時の表情でその人の”素”が見えたりします。例え口で素晴らしいことを言っていたとしても、その人の本音は表情で分かってしまうもの。

大事な面接の場で暗い表情をしていると、面接官に「何か迷っているのか?」「何か聞かれたら不安なことがあるのか?」といった印象を与えるのです。そうして結果的に「もしかしてうちの会社に就職する覚悟が出来ていないんじゃないか」と思われて、お見送りになってしまうんですね。

この人うちの会社に興味ないんじゃないか」と思われる

面接を受けにいった以上、その会社に興味がないなんてことはないと思います。ただ、面接官の方が話したことに対して反応が暗かったり薄かったりすると、「あれ、もしかしてこの人うちに興味ない……?」と思われてしまうことがあります。

面接官は会社に対して熱意がある人に入ってもらいたいと思っています。その面接官に「この人会社に興味がないな」と思われてしまっては当然お見送りになってしまいますよね。

”人は見た目が9割”は本当

uzuz_shutterstock_148700801
「人は見た目が9割」という言葉を聞いたことがある方、いるんじゃないでしょうか。このタイトルの本が以前ヒットしたので、記憶に新しい方もいると思います。この本の中で「メラビアンの法則」というものを紹介しているのですが、これはどういうものかというと、相手に与える自分の印象は以下の割合で決まるというものです。

  • 55%の視覚情報(表情、見た目、仕草、視線etc)
  • 38%の聴覚情報(声の大きさ、声質、テンポ、抑揚etc)
  • 7%の言語情報(言葉使い、話す内容etc)

この55%の目に見える情報と38%の音の情報を合わせた93%が「人は見た目が9割」と言われる理由です。この考え方は就活においても重要な考え方となります。限られた時間の中で行われる面接では、最初の印象が人物評価に大きな影響を与えるからです。

どういうことかと言うと、企業は初めの印象が良い方に対してはその方の「いい所を探す」視点で面接を進めますし、反対に印象が良くない方に対しては、その方の「悪い所を探す」視点で面接を進める心理的傾向があるのです。

つまり、限られた面接時間の中で「暗いな」と評されてしまった方に対して「この人にもきっといい所があるはずだ」と進めてくれる面接はなかなか難しいということです。

せっかく自分の中に入社への思いがあったとしてもそれが相手に伝わっていなかったら意味はないですし、ましてや「暗い」なんて理由でお見送りになってしまっては非常〜〜〜にもったいないですよね。

ですので面接では明るい・柔らかな表情で臨んでほしいのです。面接で暗くなってしまう方はこちらの記事「面接で緊張しちゃう方へ!固い、暗いと言われるあなたに3つの対策法!を読んで下さい。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Arisa Kusano
キャリアカウンセラー
茨城県出身。元既卒。大学を卒業した後、縁あってUZUZに入社。キャリアカウンセラーを経て、現在は「UZUZ編集部」にてディレクター業務を担当。会社史上初の「どこでも社員」として、オウンドメディアの運営や外部ライターのディクレション、記事作成業務、取材業務と幅広い業務を担当。