海外・留学生の就活情報

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

みなさん、こんにちは。まだまだ殻を被ったままのひよっこMIYUKIです。

以前の自己紹介でも少しお話させていただいたのですが、私は大学を卒業した後フリーターを約2年ほどしていた、所謂既卒といわれる者でした。既卒ならではの悩みや不安もぼちぼち経験し、なんやかんやでこんな私がここで働かせてもらえるようになるまでの既卒人生について今日は書いてみようかなと思います。

このブログを読んでくださった社会人や学生の方にはこんな奴もいるんだなあ、という暇つぶしに、現在既卒だったり、既卒の道を選択しようとしている学生の方には、恐れ多くも何かしらのヒントや励みになれたら(なるわけもない)良いです。

ワーキングホリデー・・だと?

世界地図

世の中の大学1年生って、どれだけ将来のことを考えて生活しているんでしょうか。私は学生が終わってからのことなんてまるで他人事で、全く考えていませんでした。ただただ目の前のレポート、サークルにバイトと忙しくて、でも微妙に退屈な日々を過ごしていました。

そんな真面目でも不真面目でもない大学1年生の私が勤めているアルバイト先に韓国の女の子がバイトとしてやってきました。その子はワーキングホリデーの制度を使って、日本にやってきた休学中の韓国の大学生でした。

みなさんはご存じかもしれないですが、当時ワーキングホリデーなんてものがあるとも知らなかった私にはとても衝撃的でした。だって観光するもよし、学校に通うもよし、働くもよし、なんて!自由すぎる!!本やテレビでしか見たことのない、ここから何万キロ何千キロ離れた言葉も文化も違う所に行く、なんて素敵なことだ!海外に行ったこともない私は、その時から何とも単純に海外に行くということに憧れました。

ギャップイヤー・・だと?

GAP

漠然と海外に憧れを持ちながらも何もせず、いつの間にか大学での生活も3年目になり、就職ということについてもぼちぼちと考え始めるような時期でした。そんなとき、大学の講義でたまたま海外と日本の就活状況を比較する内容のものがありました。そこでまたしても私は日本との違いに衝撃を受けました。

海外ではギャップイヤーという高校から大学に進学する間や、大学卒業後から就職する間などに、いくらか期間を設けて学校では学ばないようなことや経験できないようなことを経験することが日常的に行われているが日本では卒業してから就職していないなんて完全にアウトロー扱いで、就職の選択の幅もガクッと狭まるというのです。私もその講義を受けるまでは、大学を卒業したら就職するものだと考えていました。それが普通で、教育を受けるようなところはどこでもそれが当たり前なのだと思っていました。

でも、それは日本独自のもので、世の中にはギャップイヤーなんてもので自由な経験をする期間が存在していたんです。それを知ったとき、日本の仕組みが不思議でなりませんでした。

選択の基準

分かれ道とビジネスマン

どうして学生でなくなったら何かにならなければならないんでしょう。何にも縛られるでもなく、お金の許す限り、仕事もしないで自由に、のんびりするでも、しゃかりきに学ぶでも、好きなように過ごす(ギャップイヤーの本来の目的は違うようですが)そんな期間があっても別にいいじゃないかな、と。そう思ったら、普通に就活する気持ちにはなれませんでした。

もちろん葛藤もありました。新卒というブランドや、仲間のたくさんいる環境で就活して社会人になるチャンスを捨てて、その後の一生をバイトとして過ごすかもしれない、バイトではないにしても劣悪な環境の中ただただ働くということになるかも知れない選択なのではないか、と。でも、それは可能性にすぎなくて、新卒で就職しても劣悪でない職場で働ける確証があるわけでもないです。

どっちを選択しても確実でないなら、と思って私は新卒で就職することを辞めました。

つづく

MIYUKI

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Miyuki Michihata
Miyuki Michihata

埼玉県出身。元既卒。海外に憧れ大学卒業後は世界一周の旅へ。帰国後、UZUZを利用したことをきっかけに入社し、現在はカスタマーサポートを担当。自分と同じような悩みを抱えた求職者の窓口として、日々登録者の方の相談を受けている。