就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

今回は「“就職留年”して就活するのと、“就職浪人”して既卒で就活するのはどちらが不利なのか?」というテーマです。

新卒時、ある程度就職活動が落ち着いてくると、卒業に向けての準備を進めたり、単位の取得に励んだり、最後の思い出作りに勤しんだり、人によって過ごし方が分かれてくると思います。

しかしそんな中、就職先が未だ決まらず「どうしよう、周りはもう既に決まっているのに自分だけ……」「もしかしたらこのまま内定が貰えないのではないか」と焦っている方もいることでしょう。そんな時、その方々が必ず一度は考えるであろう問題が先に述べた「就職留年すべきか、就職浪人すべきか」という問題。

う〜ん、悩むところですよね。今回の記事では「どちらが不利でどちらがいいの?」という疑問にズバリお答えしていきたいと思います。

『就職留年』と『就職浪人』の違いって?

uzuz_shutterstock_192230474
ではまず、「就職留年と就職浪人の違いは何ぞや?」というところからお話していきます。

就職留年とは

就職留年とは、卒業までに就職先が決まらなかった方が学生のまま就職を続けるため、わざと必要単位を落とす等をして留年することを指します。

「不利な状況で就活を進めたくない」と考える学生の中には、大手企業の採用が終わる頃に留年を決め、大学3年生に混じって動き出したり、後期の期末試験を受けずにわざと単位を落とす学生が多いようです。また最近では、卒業要件を満たしていても特例措置で留年を認める学校もあるそう。大学4年の2月〜3月初旬頃が決断のタイムリミットとなっています。

就職浪人とは

就職浪人とは、就職留年と途中までは同じです。違いは「卒業したかしないか」です。ようは『既卒』ということですね。

就職留年は、上でも説明した通り留年して就職活動を続けることですが、就職浪人は、新卒時の就職活動において就職先が決まらなかった(もしくは希望に沿わなかったため内定を辞退した)方が、留年せずそのまま卒業し、就職活動を継続している状態を指します。

近年では自ら就職浪人となる人も多く、公認会計士や司法試験、公務員試験などの試験を受けるため就職浪人するケース、留学に行くケース、フリーターをしながら就職浪人するケースなど様々あるようです。

就職留年と就職浪人って……どちらの方が不利なの?

uzuz_shutterstock_160498721
「どちらが不利か?」と問われれば、これは間違いなく就職浪人、すなわち既卒の方が不利です。一体なぜなのでしょうか?就職留年と就職浪人を経験した方のエピソードを交えて、ご説明していきます。

就職留年を選んだNさん(23歳・女性)

まず1人目に、就職留年した方のエピソードをご紹介します。

地方大学に通っていたNさん(23歳・女性)は、就職活動に苦戦し、なかなか内定を獲得することができずにいました。周りの友人たちが次々に進路を決める中、企業から届くのは“お祈りメール”ばかり。焦りが募っていったと言います。就職浪人するか、留年して来年もう一度学生として選考を受けるか考えた時、Nさんは先輩から聞いた「既卒の就活は大変だよ」という話を思い出し、あえて留年する決意を固めます。

もちろん留年することで就活が不利になることもわかっていましたが、「就職浪人するよりはうまく進められるのではないか」と考え、翌年の就活に臨みました。

案の定、翌年の面接では留年した理由を聞かれましたが、Nさんが思っていたほど追及されることはなかったそうです。公務員試験を並行して受けていたため少し時間はかかってしまいましたが、就活は順調に進みました。

残念ながら公務員試験に合格することはできなかったものの、その後Nさんは無事に第一希望の企業から内定を獲得。大学卒業後の4月から社会人として働いています。

就職浪人を選んだYさん(25歳・男性)

2人目にご紹介するのは、就職浪人を選んだYさん(24歳・男性)。

Yさんは大学時代、公認会計士合格を目指し試験を受けていました。しかし在学中に合格することはできず、Yさんはそのまま大学を卒業します。就職浪人、すなわち既卒になったあとも、試験に合格するため予備校に通い、毎日10時間以上の勉強に励んでいました。しかし、公認会計士は難関試験であるため、そう簡単には受かりません。

大学を卒業し3年近くが経過した頃、Yさんはこのまま試験を受け続けることに限界を感じ、公認会計士の道を諦め就活を開始します。

この時Yさんは「確かに既卒ではあるけど、まあなんとかなるだろう」と思っていたそうです。ですが現実は想像以上に厳しいものでした。履歴書を出してもほとんどが書類選考でお見送り。やっと通過したと思っても、面接でうまく話すことができず結局またお見送り。自分の考えがいかに甘かったかを身をもって痛感したそうです。

その後UZUZに登録してくださったNさんは無事に内定を獲得できましたが、のちに「既卒の就活がこんなに大変だなんて思いもしませんでした。ひとりで就活を続けていたら、多分まだ内定を獲得できずにいたと思います」と語ってくれました。

どうして就職留年より就職浪人(=既卒)のほうが不利になるの?

留年して就活をしたNさん、就職浪人して就活をしたYさんのエピソードをご紹介しましたが、インターネット上でも「就職浪人は不利になりやすい」「就職浪人(既卒)ではなく就職留年の方がいい」という声が多く見られました。これは「留年というハンデを背負ってはいるものの、新卒枠の学生には変わりないから」というのが大きな理由です。

現在の日本は「新卒至上主義」と呼ばれることが多く、新卒が圧倒的に有利になりやすい傾向です。そういった観点から「たとえ留年していても、就職浪人している既卒よりは、一応新卒である就職留年組の方がいい」という声が多いんですね。

企業の中には、銀行のような「未経験者採用は新卒のみ」という、“新卒だから受けられる企業”も多くありますので、まだ就職浪人していない(=既卒になっていない)方は、なるべく新卒のうちに就活を終わらせたほうがいいかもしれません。

しかし覚えておいてほしいのは、「就職留年も就職浪人も基本的にはどちらも不利だ」ということです。当たり前なんですけどね。新卒と全く同じ土俵に立てるかというとそれはもちろん難しいし、真っさらな新卒と比べるとどうやってもマイナス評価になってしまいます。

就職留年や就職浪人が必ずしも全て悪いとは言いません。している方々にも様々な理由があると思います。大事なのは留年するにしろ浪人するにしろ、「それなりのハンデを背負う覚悟を持つ」こと。空いた空白期間をただなんとなく過ごすのではなく、きちんと説明出来る過ごし方をすること。後は、留年や浪人の言い訳をせず、自分の「遅れ」を認めることです。

上記のことを意識できれば、就職活動もきっとうまくいくはずです。

もし『就職浪人』を選んだら…

留年ではなく浪人、すなわち既卒を選んだ方で、就活が思うように進まない方がいれば、既卒やフリーターに特化した就活サイトを使ってみてはいかがでしょうか?既卒・フリーターの採用に力を入れている企業は意外にもたくさんあります。ですが、そういった企業を新卒採用が主体の就活サイトで探すことはなかなかに困難ですよね。

そんなときは、既卒の採用事情を熟知している就活サポートを利用することで、皆さんの就活が変わるかもしれません。

UZUZも既卒・フリーターに特化した就活サービスを行っています。一人ひとりの希望・条件・仕事で大事にしたいポイント等を踏まえて求人紹介することはもちろん、一対一での面接対策では1回につき1時間半〜2時間という長い時間をかけるので、内定率は80%以上という高い水準を誇っています。また、紹介する求人には厳しい条件を設けているので、「ブラック企業ばかりを紹介されるんじゃ…」と不安に感じている方も安心です。

大手人材紹介会社のように一度にたくさんの求人をお出しすることは難しいですが、その分皆さんそれぞれに適した求人を厳選してご紹介しています。

就活にお困りの方がいれば、是非一度『UZUZ』にご相談ください!サービスの詳細は下記を要チェック!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Arisa Kusano
キャリアカウンセラー
茨城県出身。元既卒。大学を卒業した後、縁あってUZUZに入社。キャリアカウンセラーを経て、現在は「UZUZ編集部」にてディレクター業務を担当。会社史上初の「どこでも社員」として、オウンドメディアの運営や外部ライターのディクレション、記事作成業務、取材業務と幅広い業務を担当。