人材紹介サービスについて

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

「未経験職種に挑戦するための情報が知りたい」「○○職に強い転職サイトはどこ?」「関東近辺で自分の強みを活かせる仕事がしたい」「非公開求人情報をゲットするためには?」その他etc…社会人が抱える就職の希望や悩みは千差万別。

これらを解決するためにはいくつかの方法があり、気軽に利用できる転職サイト(求人媒体)を使う方もいれば、人材紹介会社を利用し、担当カウンセラー(コンサルタント)と二人三脚で就活する方もいます。

今回焦点を当てるのは後者の『人材紹介会社』。弊社UZUZのような就職支援サービスを行う企業を指します。

リクルートエージェント・マイナビ・アデコ・ハタラクティブetc…世の中にはたくさんの人材紹介会社が存在し、それぞれに強みや特徴があります。そのため、人材紹介会社(就職エージェント)を利用する社会人の中には「自分に合った支援をしてくれる人材紹介会社って、どうやって選べばいいの?」と悩んでしまう方もいることでしょう。

そこでこの記事では、求職者の方におすすめしたい「人材紹介会社の比較方法」についてまとめていきます。転職サイトには載っていない情報を中心に本音を交えて書いていきますので、就職を考える既卒・フリーター・第二新卒の方は是非参考にしてみてください。

こんな人材紹介会社には気をつけろ!?悪いエージェント4つの特徴

shutterstock_290688272
日頃キャリアカウンセラーとして多くの方とお話していると、面談の中で「このエージェントさんは○○だからもう使いたくないんですよね…」という話題が出ることがあります。

このように、UZUZにいらしてくれた方から実際にお聞きした話と、私が日々仕事に取り組む上で感じたことを元に、できれば利用は避けた方がいいエージェントの特徴を4つにまとめました。

通過する可能性の低い『釣り求人』でエントリーを取る

大手企業で、お給料が高くて、残業が少なくて、福利厚生がしっかりしていて……その他諸々あげればきりがありませんが、誰もが入りたいであろう好条件な会社を紹介するエージェントがいます。ですが当然このような求人は人気も高く、求職者からの応募が殺到しているのが事実。

企業は「高いお金を払うのだからできるだけ優秀な人材を採用したい」と考えています。そのため、複数の応募の中から人材を選ぶとなると、どうしても学歴・職歴・これまでの経験が立派な方が採用されやすくなってしまいます。

求職者のレベルを見極めた結果、このような求人を紹介しているのであれば問題ありません。ですが、候補者の属性・経験・学歴では採用されるのが難しいと分かっていながら、あえて求人紹介している担当エージェントもいるのです。

なぜこんなことをするのでしょうか?理由は簡単。抱き合せで複数の求人にエントリーしてもらうためです。

「○○会社もいいですが、1社だけでは万が一落ちてしまった際に不安なので、その他の案件も受けませんか?少しハードルは下がりますがこんな求人も非常におすすめですよ」担当カウンセラーからこのようなトークをされた場合、それは『釣り求人』の可能性があります。

見ているのは履歴書の情報だけ!希望職種・業界を一切聞いていない

こちらの希望を聞かず、求人を紹介されるパターンです。以前私が面談した方の中に、前職で不動産関係の会社に勤めている方がいました。その方は「次は不動産以外の業界で働きたい」と考えていましたので、そのことをとある人材紹介会社の担当者に伝えたそうです。しかし、実際に紹介されたのは不動産業界の求人ばかり。

前職で不動産を経験していると同じ業界のほうが書類・面接が通過しやすいのは事実ですが、これでは本人の希望条件が考慮されていませんよね。履歴書の情報だけを見て受かりやすい求人を優先的に紹介したのだと思いますが、これは人材紹介会社としてあってはならないことです。

その方が持っているスキルと希望する会社を比較したとき、そのレベルがあまりにもかけ離れている場合は求職者の方にも正直に伝えるべきですが、そうでないならできる限り希望に沿った求人紹介を行うべきです。

もはやただの転職サイト!?作業的扱いをされる

たいした説明もなく、履歴書・職務経歴書をパラパラと見たのち「どれがいいですか?」と求人をだーーーっと並べられる。これはUZUZにいらしてくれる方からよく聞く話です。

一気に20〜30社ほど渡されるそうですが、正直それだけ紹介されても求人の善し悪しもわからないし、比較のしようがありませんよね。それに、全ての方が自分の強みや方向性を理解しているわけではありません。「自分が何をしたいかもイマイチ分からないのに、求人情報だけ渡されても…」と余計に悩んでしまう人もいるはずです。

当然皆さんその時に「これじゃ転職サイト(媒体)と同じなのでは…」と感じるそうですが、まさにその通りだと思います。プロの目から見た求人紹介を期待しているのに、作業的な対応をされてしまってはがっかりしてしまうのも無理はありません。

「エントリーする」と言って社内精査で落とされる

いわゆるエントリー詐欺です。「エントリーしますね」と言っておきながら実際は全然エントリーなんてしておらず、社内で「この方はちょっと無理」と判断され、“書類不通過”として処理されることがあるそうです。

人材紹介会社は、担当者から直接企業に候補者を推薦することができます。つまり、普通に受けたら受からないところでも、担当者からの強い推薦があれば通過させることも可能なのです。

もちろん「100%絶対に通過する」という保証があるわけではないので、担当者からの推薦があったとしてもお見送りになってしまうこともあります。ですが、その方を通過させるための何らかの施策は行うべきです。でないと媒体と一緒になってしまいますからね。

どうして悪いエージェントが存在するのか?


上記で紹介したような悪いエージェントが生まれてしまうのはなぜなのでしょうか?理由はいくつかありますが、「担当している求職者が多く、きめ細かい対応ができない人材紹介会社がある」ことが要因のひとつしてあげられると思います。

人材紹介会社では、一人のキャリアカウンセラーが複数人の求職者の支援を担当します。何人受け持つかは企業によって異なるので一概には言えませんが、多いところでは一人の担当者が50〜60人くらいの人数を受け持つこともあるそうです。

本来であれば、受け持つ求職者が多いからといって対応に差が出ることはあってはいけません。ですが、皆さんのお話を聞いている限りだと、担当者によっては対応がおろそかになってしまったり、履歴書・職務経歴書の情報だけで紹介案件を決めてしまっている方がいるなという印象を持ちます。

もちろんすべての人材紹介会社がそのような対応をしているわけではありません。UZUZでは求職者の方に平均20時間以上のカウンセリングを行っているため、一人のキャリアカウンセラーが受け持つ人数もある程度絞っていますし、たくさんの求職者を抱えていても、キメ細い対応をしている企業はいくらでもあります。

記事冒頭にも記載した通り、世の中には数多くの人材紹介会社が存在しています。当然担当者との相性もあるので、カウンセリングに行った際「何だかちょっと合わないな」と感じた場合には、他の支援サービスの利用も検討してみましょう。

いきなりひとつの企業に絞る必要はありません。じっくり比較した上で自分に適した人材紹介会社を決めましょう。

良いエージェントであるために。キャリアカウンセラーである私が意識している3つのこと

shutterstock_458703109
人材紹介という業界でキャリアカウンセラーをやっていると、「良いエージェントって何だろう?」とよく考えます。毎日その自問自答の繰り返しで、多分この仕事を続けている以上は同じことを考えるのだろうなと思います。

特に私たちが日頃お話をする既卒・第二新卒の方は、普通に選考を受けたのではなかなか書類が通らない、面接が通過しない方が多く、皆さん困って困って私たちのところに行き着きます。もちろん新卒のように選びたい放題の市場ではないのですが、そんな方々のために何か手を差し伸べてあげたいと考え、日々業務にあたっています。

そんな私がキャリアカウンセラーとして働く上で意識していることを以下に3つまとめてみました。

書類選考を落とさせない

既卒や第二新卒の方は書類選考が通過しにくいです。「卒業後ブランクがある」「短期離職の経験がある」などの理由で、企業からマイナスの印象を持たれてしまうからです。

確かにスキル・知識のあるキャリア層に比べれば実力不足かもしれないし、経歴に傷のないピカピカの新卒に比べれば見劣りしてしまうかもしれません。ですがどの求職者の方も、自分の現状に強い危機感がある分「次は失敗できない」という“覚悟”を持っています。

覚悟の決まった人間は、たとえ苦しいことがあったとしてもそう簡単には逃げ出しませんし、やり遂げる力を持っています。面接であればその想いを伝えることができるのに、紙の情報だけで判断され会う機会すら与えられないなんて、あまりにももったいないなと私は思います。

ですので、書類選考は通過できるよう全力を尽くします。(もちろん面接も通過できるよう努めていますが!)その方の経歴はもちろん、人柄・魅力・強み・過去の失敗に対してどのように向き合っているのかなど、伝えられる情報は全て企業に伝えています。

中にはその上でお見送りになってしまうこともありますが、上記にも記載した“担当者からの強い推薦”により、一度書類選考でお見送りになったにも関わらず再度企業に交渉して通過したケースもあるので、諦めず食い下がるようにしています(笑)

求職者の方と最良の関係を築く

求職者の方と強い絆を結ぶ、というと大げさかもしれませんが、その方にとっての“最良の関係”を築けるよう意識しています。

人によっては夜遅くまでLINEすることもありますし、長時間電話するときもあります。悩みがあれば飲みに行くことだってあります。そうすると中には話しながら泣いてしまう方もいるんですね。不安が多い就職活動、なかなか相談できる人がおらず感情が溢れてしまうみたいです。

私もまだまだ力不足な部分がありますが、このような就職支援サービスを運営している以上、日々勉強して少しでも皆さんの就職活動がプラスに進むよう力を尽くしていきたいと思っています。

現実を知ってもらう

とはいえ、実際既卒・第二新卒の就職活動は楽ではありません。新卒では簡単に通過できていたのに、書類選考すら通らない。残念ですが、それが当たり前なんです。中にはその事実を受け止められない方もいるのですが、そういった方には少々厳しいお話をすることもあります。

時間ばかりが経過して「いつか良い会社から内定が出る…」なんて思って行動に移さないのは非常にもったいないことです。現実を知ってもらうためにも、UZUZの社員の話、これまでサポートしてきた方々の話…様々なお話をしています。

UZUZで決まらなくてもよし

正直、うちで決まらなくてもいいです。もちろんボランティアではないので企業としてはありえない考えかもしれませんが(笑)でも最終的に入社するのが、その方にとっての“最良の企業”であるなら、それでいいと思っています。だから、UZUZ経由ではない会社の求人相談に乗ることありますし、場合によっては面接練習を行うこともあります。

もしかしたら将来的に、その方が会社の中で偉くなって一緒に仕事ができる機会があるかもしれないし、別の求職者の方を紹介してくれるかもしれません。UZUZが紹介した会社に入ることが大切なのではなく、その方が望む会社に入ることが大切だと私は思っています。

まとめ

いかがでしたか?人材紹介会社を選ぶ際に気をつけるべきポイントと、私がエージェントとして意識していることをご紹介しました。

世の中に人材紹介会社は数あれど、どこが自分に適しているか判断するのはなかなか難しいと思います。UZUZは大手の人材紹介会社さんのようにたくさんの求人を一気にご紹介するということはできませんが、その分その方一人ひとりに適した求人をご紹介することを心がけています。

「現在UZUZ以外の人材紹介会社を利用していて、比較検討するためにもUZUZを使いたい」「たくさんの求人を紹介されても正直どれがいいのかよく分からない」「転職サイトを使っているけど、エージェントも気になる」

このような悩みを持つ方はお気軽にご相談ください。既卒・フリーター・第二新卒の就活では多くの実績があるUZUZですので、責任持って皆さんの就活を支援いたします。利用料金等は一切無料です。詳細は以下をご覧ください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む


matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Hiroki Okamoto
キャリアカウンセラー 兼 取締役副社長
株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。