資格と既卒・第二新卒の就活の関係

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

前回の記事では、内部異動で未経験から経理職を狙う~経理職についてPart4~お話ししました。

今回は「営業職を経験し、転職で経理職を狙う」方法をご紹介します。

営業職を経験し、転職で経理職を狙う

shutterstock_192993212
まず、営業と経理の職種へのイメージから、「営業の経験を積んでも経理職には汎用できないだろう」と考えた方もいらっしゃるかと思います。

実は、そうでもありません。今、企業は”肉食系経理”(2年ぐらい前に人材業界ではそう呼ばれていました)を求めているのです。「肉食系経理って何?」と疑問に思う方のために、補足説明させて頂きます。

肉食系経理とは

肉食系経理とは、能動的に動き、社内外の情報や知識を蓄積する経理担当者のことです。経理担当者は今まで、仕訳して記帳して転記し、月次や年次決算を行い経営陣に報告するというルーチン化された業務を行っていればよいと考えられていました。

しかし、多様化が求められる現代で、ルーチンワークのみをひたすらこなしているだけでは会社が発展していくことはありません。そもそも管理系の職種は楽なイメージがありがちですが、企業によっては忙しいところもあります。

管理部門の目的は社員が快適に仕事できる環境を提供することです。なので、社員の意見を吸い上げるためには積極的に社内営業なるものを行い、社内の制度やシステムに不満がないか常にアンテナを張り、随時修正することが求められています。受け身の態勢で仕事をしていると使い勝手の悪い非効率的なシステムが蔓延し、会社の成長スピードに支障をきたす可能性があります。

そのような背景から、今企業では能動的に業務を遂行していくことのできる”肉食系経理”が求められているのです。

肉食系経理になるためには

まずは現場を知ることが必要になります。現場のやり方を客観的に分析して、最善の方法を現場の社員を生み出す。そのためには、営業職を経験することが一番の近道になります。

私自身新規営業は研修程度しか経験しておりませんが、ルート営業に関しては、一年以上兼業ではありますが経験しております。この経験は営業を極めている方からしたら大したことのない経験ではありますが、管理部で専門性を高めようとしている私にとっては強力な武器となっています。

管理部門と現場の衝突は免れないことでもありますが、現場の視点を実体験から身に着け、現場との交流を深め意見を吸い上げることで回避できることもあります。

営業職を経験する事が近道

shutterstock_420895063
営業職を経験することが企業に求められる経理人材に近づくステップです。ただもちろんこの方法にも以下のようなデメリットはありますので、自分の将来のステップを見据えて選択する必要があります。

  • 経理の実務経験がない為、肉食系経理を求めていない企業には好かれない
  • 経理経験のないまま年齢を重ねると職種転換が難しくなる

以上が
「営業職を経験し、転職で経理職を狙う」方法です。

次回はシリーズのラスト「未経験から経理職を目指す裏ルート~経理職についてPart6~」についてお話ししていきますので、是非ご覧ください。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yoshiki Habara
経営企画
沖縄県出身、神戸育ち。元第二新卒。高校、大学で計2年間アメリカに留学し、会計学を学ぶ。新卒で入社した大企業をわずか3ヵ月で退職した後、紆余曲折ありUZUZに入社。入社後、幅広い管理業務を兼任し、現在は会計の知識を活かして経営企画業務に従事。