ウズキャリの就活体験談

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

本日は内定を獲得したHさんについて話そうと思います。Hさんは二度の留年を経験しており、ロボットへの愛が強い方でした。就職先もロボットに携われる職場を希望していたのですが、果たして…

どこか幼さを残す、キラキラした瞳のHさん


Hさんは当社の就活サービス『ウズキャリ』を利用し、転職活動をスタートさせました。

▼「内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

Hさんは就職活動を始めた当初、「ロボットに携わりたい」「技術が高い分野なのでメーカーがいい」という条件を持っていました。でも、2留していたことや卒業が半年ズレたことで、今までの就職活動の結果は散々なものだったそう。大学卒業後は研究員として大学に残り、ロボットについて学びながら「就職留年生」として過ごされていたようです。

Hさんのように「就職留年をするか悩んでいる」という方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

就職留年は不利?就活のための留学・インターンは本当に有効か!?
就職浪人か就職留年どっちがいいのですか?

何と言ってもHさんの場合は求人を選ぶ際の条件が多く、さらに該当する求人の競争率が高すぎるという点が難点でした。

自分の条件を満たす可能性を“先入観を捨てて”探す


初回カウンセリングの肝心な部分はこんな感じでした。

私「Hさんはロボットがやりたいんですね」
H「はい。小さい頃からロボットが好きなんです」
私「ロボットとメーカーだと、どちらの条件の方が重要ですか?」
H「それは何と言ってもロボットですよ。そのためのメーカーという条件ですし」
私「ロボットに携わるための道ってメーカーだけじゃないですよ。みんながすぐに思い浮かべる道って、競争率が自ずと高くなってしまいますし」
H「僕はメーカーじゃないとロボットに携われないと思っていたのですが、他もあるんですか?」
私「市場的には技術者派遣業界の採用意欲が高いです。もちろんロボット以外のプロジェクトもありますが、ロボットに携わるチャンスはあります。Hさんは今はロボットに興味が向いていますが、実際にやってみれば、他の分野にも興味を持つかもしれませんよ」
H「確かにそうかもしれません。でも“派遣”ってイメージが悪いので、今のところ選択肢には入れていないんです」
私「確かにそうですよね。私もイメージ悪かったですから、“派遣”って。でも、必ずしも「派遣=悪」ではないんです。食わずに嫌うよりも一度食べて嫌った方がいいんじゃないですか?もしかすると、食べてないものに当たりがあるかもしれないですし。説明会もちょうどあるみたいだし、行ってみませんか?」
H「確かに、一度食べてみてから決めた方がいいかもしれないですね。それじゃ説明会には行ってみます!」

このようなやりとりを経て、技術者派遣を行う企業の説明会に参加したHさん。後日改めて電話をしたときには、以前のような“派遣”に対するネガティブなイメージは払拭されていました。

私とHさんがそうであったように、“派遣”に対してよくないイメージを持っている方は多くいらっしゃいます。派遣という呼ばれ方から「正社員ではないの?」と思われがちですが、そんなことはありません。多くの場合、技術者派遣を行う企業に社員として雇用され客先で働きます。実はIT業界や機械業界は、これらの技術者派遣によって業界が成り立っています。

また“派遣”では、メーカーのように一つの知識や製品だけを突き詰めることは少々難しいかもしれませんが、多くの客先を経験するのでその分たくさんの技術力を身につけることができます。

このように、派遣にはデメリットもありますがメリットも必ず存在します。「何となく」のイメージで進路を選ぶのではなく、メリットとデメリットを両方知った上で「自分はどちらがいいのか」を判断できると、より良い就職活動になるのではないでしょうか?

選考が進むにつれどんどんよくなるHさん


最終的に内定を獲得できたHさんでしたが、これにいたるまでの道は意外と厳しいものでした。2留に加え、学校の成績があまり芳しいものではなかったのです。Hさんにとって、留年と成績をどのように説明するかが大きな鍵でした。

面接対策で躓いたのは「2留の理由」「ブランク期間に何をしていたのか?」に関する質問でした。何度も練習をして、全体の話に論理的破綻が出ないよう試行錯誤しました。

ここで勘違いして欲しくないのですが、この試行錯誤とは決して嘘で塗り固めることではありません。“言葉の選び方”や“説明する順番”を変えることで、聞き手の印象を悪くしないということです。

最終的にHさんは、機械エンジニアとして半年研修がある企業で内定を獲得しました。内定を獲得したときには、初めて会ったときと違って過去の自分のどこが悪かったのか、自分で理解できていました。どこか清々しく、そして初めて会った時のキラキラした眼で内定獲得を喜んでいる姿が印象的でした。

入社後の半年研修も気を抜かずに頑張ってくださいね、Hさん。

UZUZではHさん以外にも2留というハンデがありながらも就職活動に成功された方が他にもいらっしゃいます。


▼詳しくはこちらから!
2留、学生時代バイト経験なし、既卒のKさん!内定おめでとうございます!
2留14卒の既卒者が6月からIT技術者としてデビュー!
「大学2留!」「28歳職歴なし!」既卒フリーターでも就職できる!

UZUZのサービス一覧

就職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

既卒・フリーター・第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ』

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Shotaro Kawabata
キャリアカウンセラー 兼 CIO/最高情報責任者
株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。