資格と既卒・第二新卒の就活の関係
uzuz_shutterstock_383327056

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートはLINE@でお気軽相談

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートの相談はウズウズLINE@

初めまして。UZUZで経理を担当している羽原と申します。

経理職に興味を持っている方って結構いらっしゃいますよね。私も経理に関する質問を何度かお受けしたことがあります。そこで今回は、経理に関する疑問をシリーズでお伝えしていければと思います。少し長くなりますが、お付き合いいただければ幸いです。

今回のテーマは「簿記」です。それでは早速いってみましょう!

日商簿記は就職に役立つ資格なのか?

uzuz_shutterstock_264409757
経理とは、会社の人・モノ・金に関わる取引を記録することを言い、その記録方法として「簿記」が挙げられます。その簿記にも種類があり、単式簿記と一般的に使用されている複式簿記があります。

ここで皆さんからよく聞かれる質問として、「日商簿記は本当に就職に役立つ資格なんでしょうか?」というものがあります。

日商簿記を持っていたら果たして就職に有利なのでしょうか?正直、一概に「こうだ!」とは言えません。

というのも、企業によっては「有資格者」という採用条件を設けています。つまり、簿記を持っていないとエントリーすらできないこともあるのです。

採用条件に資格が含まれるカラクリ

uzuz_shutterstock_403815721
なぜ一部の企業は資格保有を選考条件としているのでしょうか?大きく分けて理由は2通りあります。

  • 士業等の資格が業務に必要なポジションの採用であるため
  • その業務に関連する資格を勉強している方を積極的に採用したいため

もちろんですが、簿記は後者に該当します。
この場合採用担当者は、「選考者が経理業務の細かい作業にアレルギーがないか?」「経理業務をする上で、多少の知識があるか?」その判別を見極めるために資格の条件を設けているのです。

一方で、実務経験という採用条件を設けている企業も多くあります。資格の有無より圧倒的に多いのが実務経験という条件です。教育や研修を要しない実務経験者を採用することが経理ポジションでは多いのが現状です。

つまり、日商簿記は経理担当者が保有しておくべき資格である事は間違いないかと思います。しかし!持っているから就職できるわけではありません。

実務経験&資格>実務経験のみ>>>>>>資格のみというのが現実です。

とすると、「実務経験がない人は経理になれないの……?」と不安になる方もいるのではないでしょうか?大丈夫、ご安心ください!次回から、実務経験がないけれど経理を希望している方が経理として就職するコツをお伝えしていきます。

気になった方は以下の記事をチェックしてみてください!
未経験から経理職に就職するには~経理職についてPart2~

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yoshiki Habara
経営企画
沖縄県出身、神戸育ち。元第二新卒。高校、大学で計2年間アメリカに留学し、会計学を学ぶ。新卒で入社した大企業をわずか3ヵ月で退職した後、紆余曲折ありUZUZに入社。入社後、幅広い管理業務を兼任し、現在は会計の知識を活かして経営企画業務に従事。