第二新卒向け面接対策・ノウハウ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

就活で最大の難関って何でしょう?苦手意識は人それぞれ、いろんな意見はあるかと思います。皆さんもちょっと考えてみてください。

「勉強しないといけないから筆記試験とか?」
「やっぱり書類選考でしょ?自己PRとか何て書いたらいいか分からない」
「そんなことはない。グループ面接が周りと比べられるから嫌だよ」

とまあ、就活で内定を獲得するまでには色々と壁が立ちはだかっています。でも、その中でも最大の難関として恐れられいるものが「圧迫面接」ではないでしょうか。

皆さんも一度は圧迫面接に出くわして煮え湯を飲まされたことがあるんじゃないですか?もちろん企業側も応募者を落としたいと思って圧迫面接をしているわけではありませんが、やっぱり怖いものは怖いはず。もし圧迫面接に出くわしてしまったら、内定への糸が切れないように粘り強く歯を食いしばり、時には大胆に状況を打開していかないといけませんよね。そのためにも、事前準備は万全に行いましょう!

では事前にどのような準備が必要なんでしょうか?どんな面接にも負けない強靭な精神力でしょうか?強靭な精神力はあるに越したことはありませんが、おいそれとは手に入れることはできません。ここで必要な準備とは、事前に質問を想定して心の準備をしておくことです。

ここでは圧迫面接あるある5大シチュエーションをご紹介します。記事を読んで心の準備と回答の準備をしていきましょう。

圧迫面接パターン1:「今から3分で自分のことを売り込んでみてよ。できるよね?」

shutterstock_397384174
これを威圧感たっぷりに面接の初っぱなにやられると面食らってしまいますよね。どれだけしっかり回答を準備していったとしても、準備してきた自己PRがその威圧感と奇襲戦法にきれいさっぱり飛んでしまい、頭真っ白の汗びしょびしょになってしまうこと請け合いです。

こんなシチュエーションにはどのように対応すればいいのでしょう?

“勢い”で対応する

はい!私は前職で○○という難易度の高い目標に対しても粘り強く取り組んだ経験があります。その経緯と私の問題解決プロセスを今から説明致します!(雰囲気に飲まれないために腹から声をひねり出す)

このパターンは勢いが重要です。ですので、まずは大きな声で返事をしましょう。勢いがなければ一瞬での見込まれてしまい、面接は3分で決してしまいます。つまり、「気持ちで負けない」ということですね。

「それを言っては元も子もないよ」と思われるかもしれませんが、奇襲攻撃に対しては気持ちで負けないことが一番大事。しっかり回答を準備して本番に臨んでさえいれば、練習通り自分をアピールでき、出鼻を挫かれることはありません。

そのためにはある程度の場慣れも重要ですので、失敗してもくよくよせず「次があるさ、次が」と気持ちを切り替えていきましょう。「圧迫面接の対応に自信がない!」「対処法が分からない!」という方は是非一度UZUZにご相談ください!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Shotaro Kawabata
キャリアカウンセラー 兼 CIO/最高情報責任者
株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。