第二新卒・既卒の就職市場分析
resize_2013-09-10 15.41.44

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ
既卒で就職活動をしている方はこちら

おはようございます。
UZUZの社宅、幡ヶ谷ベースで就職活動中のOZAWAです。
本日は業界研究と題しまして、「食品業界」について調べてみましたので、
ここに簡単にまとめてみます。

「食」は、人間にとって一番身近なもので、生きてゆく上でなくてはならないものです。
今回はレストランビジネス×コンサルトサービスに携わる業務を営まれている
某食品関連企業(ここでは島根フード産業としましょう)について調べてみました。

resize_2013-09-10 15.42.39

レストランビジネスについては、まず本業としてレストラン運営があります。
島根出身の私もレストランは知っています。
ビンボー学生時代でしたので、あまり行けませんでしたが、
今でもはっきりと覚えているレストランに関する思い出があります。

五歳の頃、祖父と祖母に連れて行ってもらったレストランのことです。
そのときの私はハンバーグを頼んだんです。
ですが、私の注文だけ来るのが遅かった。
きっと家族皆が先に食べていたことが気に入らなかったんだと思います。
椅子にふんぞり返ってひっくり返えってしまいました。
(幼いですね、そんなふんぞり返らなくてもいいのに)

そして待ちに待ったハンバーグの到着。
それまでの気に入らない感情を忘れ去ってしまうくらい美味しかったんです。
子供時代の可愛いエピソードでしたね。
今でも鮮明に思い出せるレストランの思い出でした。

resize_2013-09-10 15.42.22

ではもう1つのコンサルトサービスとは何なのか?
コンサルトとは、企業などのクライアントに対して、専門知識を活用し、
客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、
対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。
または、その業務そのものを指す。

この業務は調べるほど難しい、難しすぎると思います。
クライアントの内部問題を観察してどこに問題があるのか発見するだけでも
難しそうなのに、その問題を解決にまで至らしめる。
クライアント自身が発見できない問題点にもかかわらず、
その問題点を客観的に見つけるのですね。
魔法のような職業です。
いや、ホントに。

ちなみにコンサルティングのお仕事といっても業務範囲によって以下のように分
かれるみたいです。いくつか気になったものを挙げていこうと思います。

①戦略系コンサルティング

企業経営業のトップレベルに関わるコンサルティングを中心に行う。

②イノベーションコンサルティング

経営改善はムダ取りや効率化ばかりではなく、イノベーションにより価値創造や
新規事業創出を支援する。

③開発系コンサルティング

農業についての総合的なコンサルティングを行う。

④農業系コンサルティング

今回調べた島根フード産業は病院や老人ホーム、教育関連施設や
学校給食にまで培ってきた運営経験を提供するという形で、
より美味しい食の提供を裏方から実現しているのです。
自社が今まで培ってこられた経験を提供することで裏方からより良い食の提供を
全ての人に実現しようとしておられる。

コンサルトは奥が深いですね〜

収益というものは大切だと考えるのですが、
ノウハウというものはお金では買えないほどの価値があると考えます。
それは何十年もかけ培ってきたノウハウを他のところに提供することは
対価と釣り合いが取れていないのではないかと考えるためです。
ですが、自社もしくは自己がその培ってきた経験を独り占めするのではなく、
経験を提供することでより良い社会を実現しようといている。
私も早く働くことによって社会に貢献したいです。

老人ホームのフードコンサルタントにおいてはその特殊性から美味しさが
二次的な位置に置かれていたらしいのですが、
気になった業種【法務職】について調べてみました。

法務職の業務内容としては、企業間の契約内容のチェックを始め、
企業に関して法律が関与する必要がある部分の大半を担当します。
具体的な内容が見えてこないですね。
企業によって事業内容も内容は異なるようですし。

resize_2013-09-10 15.42.32

そこで、具体的に調べてみました。
ざっとこんな感じです。

・ 企業が「発行し取り交わし」する契約書の内容の確認、調査

・ 法的紛争が起こった場合の弁護士様への依頼や内容の確認

・ 契約の審査

・ 債権回収業務(管理、回収、債権者の倒産、回収の手続き)

・ 弁護士との交渉

・ 労働組合と使用者との関係

・ 特許、権利の整理整頓

・ 紛争解決(紛争予防業務、民事訴訟手続き)

法律知識が必要となる専門性の高いお仕事ですね。
法律は毎年変化します。
常に勉学が必要な仕事であり、判例変更においての憲法解釈にも常に気を配らなければならない。
大変そうですが、とてもやりがいがありそうなお仕事という印象が強いです。
もちろんどのようなお仕事でも常に自己研鑚に励まなければならないということは
重々承知しています。

営業のように売上を上げてくるわけでもないですし、
技術職のように商品・サービスを作るわけでもないのです。
販売業のように店頭に立ち、製品を売り、対価を得ているわけでもない。
利益を生み出すプロセスの一環を担っていないかもしれない。

ですが、常に危険と隣合わせのビジネスの世界において、
法律を駆使し、社外から生じる問題から会社を守り、社内から生じる軋轢による分裂を防ぐ。
企業で働いている社員を守る。
海賊王に俺はなる。

つまり、法務職は会社全体を守る縁の下の力持ちで、
尚且つ企業の中枢から会社を守っているという印象を受けます。
島根フード産業を調べた感想としては、
人間おいて食というものは日常生活において最も身近な存在であり、常に付き合うもの、
そして明日へ向かうための活力となる大切な一部を担っています。

レストランビジネスにおいては工場や社内食堂で働く人々にエネルギーを提供し、
コンサルトサービスでは老人ホーム、学校給食により子供や若者、
お年寄りに健康で生きるための体を形作るエネルギーを提供を裏方から支えられている。
そして明日への活力の源となる食だからこそ厳格な安全性を確保についても常に探求し、
老人ホーム、高齢者使用施設においては日々楽しく生きるための食において美味しさを失うことなく、
健康にも細心の注意を払われているおり、
島根フード産業は社会を食という根底の部分から支えている。
そして現状に満足されることなく常に向上しようとされています。

今回、島根フード産業を調べてみようと思わなければ、今後も恐らく知ることはなかったと思います。
世の中には知らない企業の方が多いのですが、その一つ一つの企業様が社会に貢献し、
社会を支えられている。
私も自分に合った会社に早く出会い、社会に貢献したいんです。

resize_2013-09-10 15.42.14

明日は説明会に行ってまいります。
今まで気にかけていなかった職種の説明会なので、楽しみで仕方ありません。

頑張っていきましょう!!

OZAWA

既卒で就職活動をしている方はこちら

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ