就活体験談をよむ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

本日は新たな内定者の方をご紹介できればと思います。Hさん(24歳・男性)は新卒時に公務員を目指して勉強するも、残念ながら合格には至らずに2012年の3月に大学を卒業されました。今回は、既卒生Hさんの就活体験談をお送りします。

正社員前提で働くも、企業がまさかの倒産


Hさんは乗馬が趣味というほど馬が好きな方で、既卒になってからは競馬の新聞社で正社員前提のアルバイトとして働いていました。しかし新聞社の業績が悪化して会社が倒産、採用の話が白紙に戻ってしまったのです。

そこでHさんは当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』を利用し、転職活動をスタートさせました。(こちらのサービスは既卒の方のご利用も歓迎しています)

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

Hさんの就職活動において最もネックになったのは「面接で緊張してしまう!」という点でした。新卒時は公務員を目指し、既卒になったあとも新聞社からすぐに内定を獲得したため、面接の経験が極端に少なかったのです。

しかしHさんに限らず、就活における面接では誰しもが緊張してしまうもの。いきなり初めて会った方に「自己紹介してください」「あなたをアピールしてください」と言われてスラスラ話せる方は少ないと思います。

面接で緊張してしまう方のために、面接ノウハウの記事があるのでこちらも参考にしてみてください。

面接が苦手な方必見!面接で緊張してしまうあなたが内定を取る3つのコツ!
面接で緊張しちゃう方へ!固い、暗いと言われるあなたに3つの対策法!

落ちても落ちても、めげずに進め


そんなHさんが内定を獲得するために行ったのは「徹底的な面接対策」と「諦めずに就職活動を続けること」でした。面接の前に何度も本番を想定した対策を行い、できる限りリラックスした状態で面接に臨めるようにしました。

また面接では「慣れ」がとても重要です。そのためたとえ数社落ちたとしても、諦めずに就職活動を続けてもらいました。その結果、無事に満足のいく企業から内定を獲得!未経験分野ではありますが、社会人として新たなスタートを歩み始めています。

面接は何度も行い、とにかく慣れることが大事!


面接に落ちてしまうと、自分が全否定されてしまった気持ちになって落ち込むこともあると思います。私が担当した方の中にも、自信をなくし就職活動を途中で諦めてしまった方が何人かいらっしゃいました。

しかし面接の「慣れ」は、多くの企業を受けるにつれ自然に身についていきます。たとえ選考に落ちてしまっても諦めずに改善と挑戦を繰り返せば、最終的に内定を獲得する可能性はドンドン上がります。

UZUZにはHさんのように諦めずに就職活動を行い、見事内定を獲得された方がほかにもいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
【第二新卒就活体験談】女性で未経験営業職に転職できた秘訣
自衛隊3ヶ月退職の15卒!半年に及ぶ就活…内定獲得の理由は?
内定者の声。上京して既卒の就職に挑んだ15卒の物語

不採用で落ち込んだ時には「次は絶対今回よりも良くなっている」と自分に言い聞かせて、意識的に気持ちを切り替えると良いかも知れませんね。

UZUZのサービス一覧

第二新卒として転職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Hiroki Okamoto
キャリアカウンセラー 兼 取締役副社長
株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。