UZUZに関して

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ
[adrotate banner="3"]

はじめまして。株式会UZUZの取締役副社長の岡本啓毅(Hiroki)と申します。

私の担当業務は転職エージェントとしての面談や営業は勿論の事ですが、

会社のWEBメディア戦略を策定し、実行しております。

具体的には、当社が運営する「第二新卒ナビ」の管理(SEO)やリスティング広告の数字解析・運用をしております。その為会社全体の戦略を策定するのも私の担当業務になります。ただ、私が1人で戦略を決めているわけではありません。

UZUZはまだまだ小さな会社なので社員全員での考えを色々出せるだけ出してもらって、それを会社の現状や市場と照らし合わせながらまとめて行く事が主な業務になります。

代表のKuniyukiとは学生時代からの同級生で、7年来の付き合いとなり、一緒に働き始めて1年と半年が経ちました。大学時代から20代のうちに一緒に起業しようと決めて、今年ようやくUZUZを設立する事ができました。

起業したから目的が達成でされたか?と考えると、他にもまだまだUZUZとしてやりたい事が一杯あって書ききれないのですが、全てのやりたい事は会社の理念に通じているのかなと感じています。

皆様にも改めてUZUZの起業経緯と理念をお伝えすることで、より一層気を引き締めて業務に望みたいと思います。以前に代表のKuniyukiが会社説明をこのブログでしておりましたが、今回はより詳細に伝えさせていただきます。

まだまだ駆け出しですが、少しずつ求職者の方々や求人企業様から信頼して頂けていることを実感しております。本当に有り難いことだと、日々感謝の気持ちで一杯です。これからも宜しくお願い致します。

【当社設立の経緯】

当社は「第二新卒ナビ」という第二新卒や既卒の求職者を対象として自社メディアを運営し、就職活動において不利な立場である第二新卒、既卒の求職者の方々の就業を支援することで、働きたくても働けない若者を日本から一人でも減らす事を目的に2012年2月22日に設立されました。

「第二新卒ナビ」は当初、株式会社第二新卒(2005年5月設立 代表取締役 栗原 功治)により運営をされておりました。2010年1月に当社代表取締役今村邦之は求職者として「第二新卒ナビ」に登録し、栗原功治にキャリアカウンセリングを受け、「第二新卒ナビ」の理念に共感し、2010年2月に入社に至りました。その後2011年3月に代表取締役今村邦之のアラバマ大学の同級生であり、親しい友人関係であった当社代表副取締役岡本啓毅が入社し、3名体制で若年層の就業支援に臨んで参りました。

2012年2月に栗原功治が早期リタイアを希望したため、株式会社UZUZが「第二新卒ナビ」を株式会社第二新卒より営業権譲渡といった形で引き受け、引き続き若年層の就業支援をより一層拡大する為に当社設立に至りました。

また、当社川畑翔太郎は代表取締役の今村邦之の中学、高校時代からの親しい友人であり、株式会社UZUZの理念に共感し、志を同じくして当社設立に参加することとなりました。

【創業の理念】

当社は「働きたい、成長したくてウズウズしている若者」の就業支援を行い、第二新卒、既卒だとしても優秀な人材は多数存在することを証明することで、<経験が浅い、経歴がきれいではない>といった理由で受け入れない企業を減らす事で意欲のある若者が挑戦できる環境を日本に作りだします。

具体的には就業経験の浅い第二新卒、既卒者に対して、働くことの意義や仕事をする上での心構えを独自のカウンセリングでしっかりと伝える事で、就業前と就業後のギャップを軽減し、早期の離職を防ぎます。高い目標を持って就業を開始される方は困難にぶつかったとしても決して諦めず、目標を達成する為に自身を成長させることが出来ます。そのような人材を社会に送り出し続ける事で、第二新卒・既卒が受け入れられる社会を実現し、現在の若年層の雇用問題の改善につながり、日本社会の大いなる発展に寄与できると我々は信じています。

旧来の終身雇用体制の崩壊、それは会社に依存するだけの労働者では生活/老後の安定的な生活は保証されないものであると考えております。各人それぞれがビジネスマン/ウーマンとして高い目標を持って働く事で、企業、引いては社会に対して価値の高い人材に成長する事で、不況や会社倒産などの状態に陥ったとしても、各人の生活が本当の安定を獲得できると考えております。

以上が設立の経緯と理念になります。

UZUZで働くメンバーからのメッセージも同時に公開させていただきます。

 

Kuniyuki「社名についてご説明させて頂きます。私は第二新卒ナビを2年間運営しておりまして、丁度2年ほどたったある晩、過去の内定者履歴をぼーっとみておりました。【学歴】や【社歴】が高い方がやはり内定実績が高いのかなと思って見ていたのですが内定者を一人一人思い出すと、共通点は学歴や経験ではなく【次の職場では思いきり活躍したい】とやる気のある『ウズウズ』した心を持っているという点でした。そんなウズウズした方に思い切り働ける就労の場を提供したいという想いを込めて社名にしました。第二新卒・既卒の皆さん、まだチャンスはあります。ご自身のモチベーションを高めて是非チャンスを掴んで下さい!心より応援しております。」

Hiroki「何かあれば、ご相談下さい。」

Shotaro「仕事は何のためにやっているのか?何のためなんでしょうね?人材関連の仕事をしていても、たまにわからなくなります。私が自信を持って言えることは、たった1つだけです。「自分のためにならないと続かない」ってことです。皆さんも仕事選びだけは「自分勝手」になってもいいと思いますよ。」

Asami「皆さんが新しい一歩を踏み出せますように全力でサポートさせて頂きます。」

Peats 「就職活動は人生の岐路です。わからない事を曖昧なまま放置せず、明確に出来るよう最善を尽くして下さい。わからなければいつでも相談してください。皆様の道しるべになれるよう全力でサポートさせて頂きます。私の体験記~新卒で入社した会社を3ヶ月未満で退社しても転職できる?~是非読んで下さい!!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。 Hiroki

[adrotate banner="5"]

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Hiroki Okamoto
キャリアカウンセラー 兼 取締役副社長
株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。