第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ
第二新卒の転職活動なら第二新卒ナビ

こんにちはKuniyukiです。
本日の日本経済新聞3面に雇用情報が掲載されていましたので、紹介します。

「雇用和らぐ過剰感」

みなさんは2008年秋に起こった出来事を覚えておりますか?

resize_20130629_131543

リーマンショックですよね。

金融危機以来日本の雇用環境は大きく変化しました。
大手企業は採用を中止し、加えてリストラを決行。

売り手市場(求職者数<求人数)から買い手市場(求職者数>求人数)に変わり、
特に管理(総務、人事、経理等)・事務職に関しては人材過剰感が残り激しい就職状況でした。

しかしこの3年間、復興需要や製造業の海外販売拡大が日本の景気を牽引したことで、
今年に入り、人材不足に悩まされている企業が増えています。

日経の統計データによると企業の2~3割で正社員が不足しています。
また、2月以降事務や管理職の雇用過剰感も和らいでいる状況です。

34歳以下の管理職の求人倍率(求職者一人当たりに対する求人数)は
2.27倍(一人当たり2.27求人)と売り手市場へと変化しました。
ただ、34歳以下の一般事務職の求人倍率は0.23倍と不安は残っています。

全体の有効求人倍率は直近ピーク2006年7月の1.08倍に向かって着実に増えており、
今年度は0.8倍を超えています。
今後300万人いる失業者の方々を着実に減らすことができるよう
我々人材紹介会社が頑張らないといけませんね!!

resize_2013-08-22 13.02.21

一人でも多くの既卒・第二新卒の方々の就職先を決めれるよう最大限サポートしていきます。
会社は小さいですが夢はおっきく!
夢くらい大きくてもいいじゃない!

Kuniyuki

既卒で就職活動をしている方はこちら

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Kuniyuki Imamura
代表取締役社長
株式会社UZUZ代表取締役社長。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にてマーケティングを専攻。新卒で入社した会社を短期離職した経験から、日本の就活市場を変えるべくUZUZを設立。得意分野は、営業/コンサル/海外/会計分野。