第二新卒・既卒のUZUZインターンブログ
shutterstock_321541256

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

こんにちは。羽原です。
(現在UZUZで経営企画職を担当してる羽原が2012年に執筆した記事です。)

前回の記事はこちらをご覧ください。
新卒で入社した会社を3ヶ月未満で退社しても第二新卒として転職できる?|Part1

今回の記事では、私の新卒の就職活動(前半)について書いていきたいと思います。

短期離職して第二新卒となった私の新卒時代(前半)

shutterstock_407665591
皆さんは幼い頃からの夢ってありましたか?私は高校生の頃から「金融機関で働きたい」という夢がありました。為替ディーラー(ポジションテイカー)になりたかったんです。(親の影響なんですけどね)高校生の頃から証券会社に訪問したりもしました。ファンドマネージャーの方にも会いに行きました。

大学では経済学を学び、アメリカの大学に1年間留学し会計学も学んでいたんですが、リーマンショックにぶち当たりました。

一応就職活動をしましたが、受けた企業は全部で4社でした。会計系コンサル2社と金融機関2社です。金融機関で働きたいとも思いましたが、金融機関で働く方の話を伺い選考を途中で辞退しました。金融機関で働くには相当な覚悟が必要だと思います。この場で辞退した理由を伝えるのは無理ですが、一言で言えば覚悟が足りなかったんだと思います。

「幼い頃からの夢をそんなに簡単に諦める事ができるのか?」と思った方もいらっしゃるでしょう。私は簡単にあきらめることができました。なぜなら、為替ディーラーになりたいと感じたのは数字の解析が好きだったからです。数字を解析する仕事など世の中にはたくさんあります。為替ディーラーを選んだのは幼い頃から身近に感じられる環境で育ったからなのです。

自己分析を繰り返し行うと自身のインナーにある固定観念を取り払い、選択肢を広げることができます。 (自己分析の仕方はまた別の機会で説明させていただきます)

私の場合は数字を分析するというキーワードから会計系コンサルを選びました。もっと門戸を広げる事はできますが、大学院に進学しようとも考えていましたので結果的に2社しか受けませんでした。

ただ、残念ながらコンサルは2社とも落選してしまいましたので、私は大学院に進学することを決意しました。

次回は大学院について話したいと思います。

続き→新卒で入社した会社を3ヶ月未満で退社しても第二新卒として転職できる?|Part3

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yoshiki Habara
経営企画
沖縄県出身、神戸育ち。元第二新卒。高校、大学で計2年間アメリカに留学し、会計学を学ぶ。新卒で入社した大企業をわずか3ヵ月で退職した後、紆余曲折ありUZUZに入社。入社後、幅広い管理業務を兼任し、現在は会計の知識を活かして経営企画業務に従事。